日常会話のためのコミュニケーションスキルの向上

◇投稿日 15年2020月XNUMX日◇

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

まとめ

  • あなたが話す前に考えます。
  • 「あなた」という発言は避けてください。
  • 発言者に注目して検証してください。
  • 悪いタイミングを避けてください。

人と人が交流するとき、誤解や衝突は必ず起こります。しかし、コミュニケーション スキルを向上させることで、こうした事態の発生率とそれに伴う頭痛を軽減することができます。良好なコミュニケーションには、自分自身を表現し、積極的に耳を傾けることが必要です。自分の弱点を認識し、両方の要素を練習することで、個人的および仕事上の関係が改善され、日常の会話がより生産的で楽しいものになります。

あなた自身を表現する

  • あなたが話す前に考えます。 重要な事柄については、自分の本当の懸念を特定できる内省の時間を設けると有益です。この点は、小さなことで勃発する衝突に特に関係があります。あなたが動揺している本当の理由を探して、その点を必ず伝えるようにしてください。
  • 具体的に。 聞き手が意図した意味を推測したままにしないでください。
  • 「あなた」という発言を避ける、「テレビが付いているときは私の話を決して聞かない」など、リスナーを警戒させ、あなたの視点から物事を見る可能性が低くなります。代わりに、「テレビが付いていると、話している間、あなたの注意が払われていないように感じます」と試してみてください。
  • 関係のない過去の問題を持ち出すな 目前の問題に。
  • 聞き手があなたの言いたいことを理解できるようにしましょう。 「私の言っていることがわかりますか?」と尋ねないでください。代わりに、話している相手に自分の懸念を言い換えてもらいましょう。そうすれば、誤解が生じたときにそれを解くことができます。
  • あなたのメッセージがどのように伝わるかを考えてください。 言葉の選択、声の調子、表情、そして話している相手との関係が、メッセージの伝わり方とその意味の認識に影響します。たとえば、アドバイスのつもりが不承認として受け取られる場合があります。

アクティブリスニング

  • 話し手の立場になって考えてみましょう。 見方を変えると、その言葉の意図する意味が分かるようになります。
  • アイコンタクトをとり、リラックスした姿勢でうなずいたり、表情を豊かにしたりする 「なるほど」とか「ふーん」とか。
  • スピーカーに注目してください。 自分の意見に集中したり、反論したりしないようにしてください。
  • 聞いたことを明確にする 話された内容を自分の言葉で話者に繰り返すことによって。
  • 話者の言っていることを検証する同意するかどうかに関係なく、「あなたがそのように感じているとは知りませんでした」または「あなたの言いたいことをよりよく理解できるように、例をいくつか挙げてください」などの表現を通じて伝えます。

通信のハングアップ

人間のコミュニケーションは複雑です。自己表現と積極的な傾聴のスキルを練習すると、問題を解決し、誤解を避ける可能性が高まります。しかし、ハングアップは発生します。次の点に留意してください。

  • 悪いタイミングを避けてください。 状況に応じて話す時間を見つけてください。真剣な話し合いは、気が散ったり邪魔されたりしない静かな場所で行われるべきです。
  • 涼む。 感情に支配されないでください。動揺している場合は、時間をかけて冷静になり、考えをまとめてください。
  • うまくいかないコミュニケーションのパターンに気づき、別のアプローチを試してください。 たとえば、「学校はどうでしたか?」と尋ねる代わりに、 「あなたが今歴史で学んでいることについて教えてください」と試してみてください。
  • 人にはさまざまなコミュニケーション スタイルがあることを知ってください。 年齢差や性別の違いは誤解を生む可能性があります。たとえば、女性は会話するときに向かい合う傾向があります。しかし、男性は、車の中などで隣に座っているときや、何かをしているときのほうが話しやすいと感じることがよくあります。他人のスタイルを強制的に変えようとしないでください。代わりに、会話をより生産的にするために会話を変更してください。
クリスティン・P・マーティン

まとめ

  • あなたが話す前に考えます。
  • 「あなた」という発言は避けてください。
  • 発言者に注目して検証してください。
  • 悪いタイミングを避けてください。

人と人が交流するとき、誤解や衝突は必ず起こります。しかし、コミュニケーション スキルを向上させることで、こうした事態の発生率とそれに伴う頭痛を軽減することができます。良好なコミュニケーションには、自分自身を表現し、積極的に耳を傾けることが必要です。自分の弱点を認識し、両方の要素を練習することで、個人的および仕事上の関係が改善され、日常の会話がより生産的で楽しいものになります。

あなた自身を表現する

  • あなたが話す前に考えます。 重要な事柄については、自分の本当の懸念を特定できる内省の時間を設けると有益です。この点は、小さなことで勃発する衝突に特に関係があります。あなたが動揺している本当の理由を探して、その点を必ず伝えるようにしてください。
  • 具体的に。 聞き手が意図した意味を推測したままにしないでください。
  • 「あなた」という発言を避ける、「テレビが付いているときは私の話を決して聞かない」など、リスナーを警戒させ、あなたの視点から物事を見る可能性が低くなります。代わりに、「テレビが付いていると、話している間、あなたの注意が払われていないように感じます」と試してみてください。
  • 関係のない過去の問題を持ち出すな 目前の問題に。
  • 聞き手があなたの言いたいことを理解できるようにしましょう。 「私の言っていることがわかりますか?」と尋ねないでください。代わりに、話している相手に自分の懸念を言い換えてもらいましょう。そうすれば、誤解が生じたときにそれを解くことができます。
  • あなたのメッセージがどのように伝わるかを考えてください。 言葉の選択、声の調子、表情、そして話している相手との関係が、メッセージの伝わり方とその意味の認識に影響します。たとえば、アドバイスのつもりが不承認として受け取られる場合があります。

アクティブリスニング

  • 話し手の立場になって考えてみましょう。 見方を変えると、その言葉の意図する意味が分かるようになります。
  • アイコンタクトをとり、リラックスした姿勢でうなずいたり、表情を豊かにしたりする 「なるほど」とか「ふーん」とか。
  • スピーカーに注目してください。 自分の意見に集中したり、反論したりしないようにしてください。
  • 聞いたことを明確にする 話された内容を自分の言葉で話者に繰り返すことによって。
  • 話者の言っていることを検証する同意するかどうかに関係なく、「あなたがそのように感じているとは知りませんでした」または「あなたの言いたいことをよりよく理解できるように、例をいくつか挙げてください」などの表現を通じて伝えます。

通信のハングアップ

人間のコミュニケーションは複雑です。自己表現と積極的な傾聴のスキルを練習すると、問題を解決し、誤解を避ける可能性が高まります。しかし、ハングアップは発生します。次の点に留意してください。

  • 悪いタイミングを避けてください。 状況に応じて話す時間を見つけてください。真剣な話し合いは、気が散ったり邪魔されたりしない静かな場所で行われるべきです。
  • 涼む。 感情に支配されないでください。動揺している場合は、時間をかけて冷静になり、考えをまとめてください。
  • うまくいかないコミュニケーションのパターンに気づき、別のアプローチを試してください。 たとえば、「学校はどうでしたか?」と尋ねる代わりに、 「あなたが今歴史で学んでいることについて教えてください」と試してみてください。
  • 人にはさまざまなコミュニケーション スタイルがあることを知ってください。 年齢差や性別の違いは誤解を生む可能性があります。たとえば、女性は会話するときに向かい合う傾向があります。しかし、男性は、車の中などで隣に座っているときや、何かをしているときのほうが話しやすいと感じることがよくあります。他人のスタイルを強制的に変えようとしないでください。代わりに、会話をより生産的にするために会話を変更してください。
クリスティン・P・マーティン

まとめ

  • あなたが話す前に考えます。
  • 「あなた」という発言は避けてください。
  • 発言者に注目して検証してください。
  • 悪いタイミングを避けてください。

人と人が交流するとき、誤解や衝突は必ず起こります。しかし、コミュニケーション スキルを向上させることで、こうした事態の発生率とそれに伴う頭痛を軽減することができます。良好なコミュニケーションには、自分自身を表現し、積極的に耳を傾けることが必要です。自分の弱点を認識し、両方の要素を練習することで、個人的および仕事上の関係が改善され、日常の会話がより生産的で楽しいものになります。

あなた自身を表現する

  • あなたが話す前に考えます。 重要な事柄については、自分の本当の懸念を特定できる内省の時間を設けると有益です。この点は、小さなことで勃発する衝突に特に関係があります。あなたが動揺している本当の理由を探して、その点を必ず伝えるようにしてください。
  • 具体的に。 聞き手が意図した意味を推測したままにしないでください。
  • 「あなた」という発言を避ける、「テレビが付いているときは私の話を決して聞かない」など、リスナーを警戒させ、あなたの視点から物事を見る可能性が低くなります。代わりに、「テレビが付いていると、話している間、あなたの注意が払われていないように感じます」と試してみてください。
  • 関係のない過去の問題を持ち出すな 目前の問題に。
  • 聞き手があなたの言いたいことを理解できるようにしましょう。 「私の言っていることがわかりますか?」と尋ねないでください。代わりに、話している相手に自分の懸念を言い換えてもらいましょう。そうすれば、誤解が生じたときにそれを解くことができます。
  • あなたのメッセージがどのように伝わるかを考えてください。 言葉の選択、声の調子、表情、そして話している相手との関係が、メッセージの伝わり方とその意味の認識に影響します。たとえば、アドバイスのつもりが不承認として受け取られる場合があります。

アクティブリスニング

  • 話し手の立場になって考えてみましょう。 見方を変えると、その言葉の意図する意味が分かるようになります。
  • アイコンタクトをとり、リラックスした姿勢でうなずいたり、表情を豊かにしたりする 「なるほど」とか「ふーん」とか。
  • スピーカーに注目してください。 自分の意見に集中したり、反論したりしないようにしてください。
  • 聞いたことを明確にする 話された内容を自分の言葉で話者に繰り返すことによって。
  • 話者の言っていることを検証する同意するかどうかに関係なく、「あなたがそのように感じているとは知りませんでした」または「あなたの言いたいことをよりよく理解できるように、例をいくつか挙げてください」などの表現を通じて伝えます。

通信のハングアップ

人間のコミュニケーションは複雑です。自己表現と積極的な傾聴のスキルを練習すると、問題を解決し、誤解を避ける可能性が高まります。しかし、ハングアップは発生します。次の点に留意してください。

  • 悪いタイミングを避けてください。 状況に応じて話す時間を見つけてください。真剣な話し合いは、気が散ったり邪魔されたりしない静かな場所で行われるべきです。
  • 涼む。 感情に支配されないでください。動揺している場合は、時間をかけて冷静になり、考えをまとめてください。
  • うまくいかないコミュニケーションのパターンに気づき、別のアプローチを試してください。 たとえば、「学校はどうでしたか?」と尋ねる代わりに、 「あなたが今歴史で学んでいることについて教えてください」と試してみてください。
  • 人にはさまざまなコミュニケーション スタイルがあることを知ってください。 年齢差や性別の違いは誤解を生む可能性があります。たとえば、女性は会話するときに向かい合う傾向があります。しかし、男性は、車の中などで隣に座っているときや、何かをしているときのほうが話しやすいと感じることがよくあります。他人のスタイルを強制的に変えようとしないでください。代わりに、会話をより生産的にするために会話を変更してください。
クリスティン・P・マーティン

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、問題行動の健康管理または管理のアドバイスとして扱われるべきではありません。 の操作に関する質問を直接送信してください Achieve Solutions サイトに ウエブサイト フィードバック. 職場の問題に関連する質問がある場合は、人事部にお問い合わせください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。