電子タバコ

10年2019月XNUMX日に投稿しました

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

まとめ

この記事では、電子タバコとは何か、そしてそれを使用することの危険性について説明します。

電子タバコはさまざまな名前で知られています。電子タバコは、e-cigs、e-hookahs、vape、vape ペン、タンク システム、または mod と呼ばれることがよくあります。形やサイズはさまざまで、通常のタバコに似たものもあれば、まったく異なるものもあります。電子タバコについてはさまざまなことが語られています。真実の部分もありますが、そうでない部分もあります。

電子タバコは無害であるとか、喫煙者が禁煙するのに役立つという広告や記事をインターネットで見たことがあるかもしれません。しかし、電子タバコの健康への影響については、医師や研究者がまだ学ぶべきことがたくさんあります。電子タバコは通常のタバコよりも害が少ないかもしれませんが、無害であるという意味ではありません。

電子タバコとは?

電子タバコは電池式のデバイスで、液体を加熱してエアロゾルにし、ユーザーがそれを吸い込んだり吐き出したりすることで機能します。電子タバコの液体には通常、ニコチン、プロピレングリコール、グリセリン、香料、その他の化学物質が含まれています。ニコチンは、通常のタバコやその他のタバコ製品に含まれる中毒性のある薬物です。

電子タバコは規制されていますか?

電子タバコを製造または販売する企業は、米国食品医薬品局 (FDA) の特定の規制に従わなければなりません。たとえば、電子タバコを購入できるのは 18 歳以上の人だけです。研究者は、電子タバコとその使用方法に関するより多くの情報を収集しようと取り組んでいます。この情報は、さらなる規制につながる可能性があり、電子タバコに含まれる成分や使用による潜在的な健康リスクについて一般の人々に知らせるのに役立つ可能性があります。

電子タバコの既知の健康リスクは何ですか?

通常のタバコと比較すると、電子タバコは市場に出回ってからまだ日が浅い。科学者たちは、電子タバコの使用が人々の健康にどのような影響を与えるかを理解するために研究している。医師や研究者が現在わかっていることは次のとおりです。

電子タバコには通常ニコチンが含まれています。ニコチンはタバコ製品に中毒性を与えるものです。ニコチンフリーを謳っている電子タバコの中にもニコチンが含まれているものがあることにご注意ください。

電子タバコは、若者、若い成人、妊婦にとって有害で​​す。電子タバコに含まれるニコチンは胎児の発育に有害であり、中毒を引き起こし、20 代前半までの子供や若い成人の脳の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。電子タバコについてはまだ解明されていないことがたくさんありますが、電子タバコの使用が健康に悪影響を及ぼすことは明らかであり、XNUMX 代や若い成人は電子タバコを使用すべきではありません。

電子タバコには、他の有害物質が含まれている場合があります。電子タバコには、通常のタバコよりも化学物質が少ないのが一般的ですが、鉛などの重金属、肺疾患につながる香料、肺の奥深くまで吸い込まれる微粒子、発がん性化学物質が含まれている可能性があります。電子タバコを使用している人の近くにいると、エアロゾルやその中の化学物質にさらされる可能性があります。これは、通常のタバコの受動喫煙に似ています。

電子タバコは禁煙に役立ちますか?

電子タバコは、FDA によって禁煙補助薬として承認されていません。これまでの研究では、電子タバコが喫煙者の禁煙に効果的であるという証拠は限られています。禁煙には、他にも実証済みで安全かつ効果的な方法があります。まずは、医師、看護師、カウンセラーに相談して、自分にとって最適な方法を見つけてください。

多くの人がニコチン置換療法(NRT)のような禁煙治療薬をパッチやガムの形で使用していますが、医師や他の専門家は、喫煙者が禁煙するために使用できる最も役立つツールの1つであることに同意しています。

出典: https://smokefree.gov/understanding-smoking/e-cigs-menthol-dip-more/what-we-know-about-e-cigarettes

まとめ

この記事では、電子タバコとは何か、そしてそれを使用することの危険性について説明します。

電子タバコはさまざまな名前で知られています。電子タバコは、e-cigs、e-hookahs、vape、vape ペン、タンク システム、または mod と呼ばれることがよくあります。形やサイズはさまざまで、通常のタバコに似たものもあれば、まったく異なるものもあります。電子タバコについてはさまざまなことが語られています。真実の部分もありますが、そうでない部分もあります。

電子タバコは無害であるとか、喫煙者が禁煙するのに役立つという広告や記事をインターネットで見たことがあるかもしれません。しかし、電子タバコの健康への影響については、医師や研究者がまだ学ぶべきことがたくさんあります。電子タバコは通常のタバコよりも害が少ないかもしれませんが、無害であるという意味ではありません。

電子タバコとは?

電子タバコは電池式のデバイスで、液体を加熱してエアロゾルにし、ユーザーがそれを吸い込んだり吐き出したりすることで機能します。電子タバコの液体には通常、ニコチン、プロピレングリコール、グリセリン、香料、その他の化学物質が含まれています。ニコチンは、通常のタバコやその他のタバコ製品に含まれる中毒性のある薬物です。

電子タバコは規制されていますか?

電子タバコを製造または販売する企業は、米国食品医薬品局 (FDA) の特定の規制に従わなければなりません。たとえば、電子タバコを購入できるのは 18 歳以上の人だけです。研究者は、電子タバコとその使用方法に関するより多くの情報を収集しようと取り組んでいます。この情報は、さらなる規制につながる可能性があり、電子タバコに含まれる成分や使用による潜在的な健康リスクについて一般の人々に知らせるのに役立つ可能性があります。

電子タバコの既知の健康リスクは何ですか?

通常のタバコと比較すると、電子タバコは市場に出回ってからまだ日が浅い。科学者たちは、電子タバコの使用が人々の健康にどのような影響を与えるかを理解するために研究している。医師や研究者が現在わかっていることは次のとおりです。

電子タバコには通常ニコチンが含まれています。ニコチンはタバコ製品に中毒性を与えるものです。ニコチンフリーを謳っている電子タバコの中にもニコチンが含まれているものがあることにご注意ください。

電子タバコは、若者、若い成人、妊婦にとって有害で​​す。電子タバコに含まれるニコチンは胎児の発育に有害であり、中毒を引き起こし、20 代前半までの子供や若い成人の脳の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。電子タバコについてはまだ解明されていないことがたくさんありますが、電子タバコの使用が健康に悪影響を及ぼすことは明らかであり、XNUMX 代や若い成人は電子タバコを使用すべきではありません。

電子タバコには、他の有害物質が含まれている場合があります。電子タバコには、通常のタバコよりも化学物質が少ないのが一般的ですが、鉛などの重金属、肺疾患につながる香料、肺の奥深くまで吸い込まれる微粒子、発がん性化学物質が含まれている可能性があります。電子タバコを使用している人の近くにいると、エアロゾルやその中の化学物質にさらされる可能性があります。これは、通常のタバコの受動喫煙に似ています。

電子タバコは禁煙に役立ちますか?

電子タバコは、FDA によって禁煙補助薬として承認されていません。これまでの研究では、電子タバコが喫煙者の禁煙に効果的であるという証拠は限られています。禁煙には、他にも実証済みで安全かつ効果的な方法があります。まずは、医師、看護師、カウンセラーに相談して、自分にとって最適な方法を見つけてください。

多くの人がニコチン置換療法(NRT)のような禁煙治療薬をパッチやガムの形で使用していますが、医師や他の専門家は、喫煙者が禁煙するために使用できる最も役立つツールの1つであることに同意しています。

出典: https://smokefree.gov/understanding-smoking/e-cigs-menthol-dip-more/what-we-know-about-e-cigarettes

まとめ

この記事では、電子タバコとは何か、そしてそれを使用することの危険性について説明します。

電子タバコはさまざまな名前で知られています。電子タバコは、e-cigs、e-hookahs、vape、vape ペン、タンク システム、または mod と呼ばれることがよくあります。形やサイズはさまざまで、通常のタバコに似たものもあれば、まったく異なるものもあります。電子タバコについてはさまざまなことが語られています。真実の部分もありますが、そうでない部分もあります。

電子タバコは無害であるとか、喫煙者が禁煙するのに役立つという広告や記事をインターネットで見たことがあるかもしれません。しかし、電子タバコの健康への影響については、医師や研究者がまだ学ぶべきことがたくさんあります。電子タバコは通常のタバコよりも害が少ないかもしれませんが、無害であるという意味ではありません。

電子タバコとは?

電子タバコは電池式のデバイスで、液体を加熱してエアロゾルにし、ユーザーがそれを吸い込んだり吐き出したりすることで機能します。電子タバコの液体には通常、ニコチン、プロピレングリコール、グリセリン、香料、その他の化学物質が含まれています。ニコチンは、通常のタバコやその他のタバコ製品に含まれる中毒性のある薬物です。

電子タバコは規制されていますか?

電子タバコを製造または販売する企業は、米国食品医薬品局 (FDA) の特定の規制に従わなければなりません。たとえば、電子タバコを購入できるのは 18 歳以上の人だけです。研究者は、電子タバコとその使用方法に関するより多くの情報を収集しようと取り組んでいます。この情報は、さらなる規制につながる可能性があり、電子タバコに含まれる成分や使用による潜在的な健康リスクについて一般の人々に知らせるのに役立つ可能性があります。

電子タバコの既知の健康リスクは何ですか?

通常のタバコと比較すると、電子タバコは市場に出回ってからまだ日が浅い。科学者たちは、電子タバコの使用が人々の健康にどのような影響を与えるかを理解するために研究している。医師や研究者が現在わかっていることは次のとおりです。

電子タバコには通常ニコチンが含まれています。ニコチンはタバコ製品に中毒性を与えるものです。ニコチンフリーを謳っている電子タバコの中にもニコチンが含まれているものがあることにご注意ください。

電子タバコは、若者、若い成人、妊婦にとって有害で​​す。電子タバコに含まれるニコチンは胎児の発育に有害であり、中毒を引き起こし、20 代前半までの子供や若い成人の脳の発達に悪影響を及ぼす可能性があります。電子タバコについてはまだ解明されていないことがたくさんありますが、電子タバコの使用が健康に悪影響を及ぼすことは明らかであり、XNUMX 代や若い成人は電子タバコを使用すべきではありません。

電子タバコには、他の有害物質が含まれている場合があります。電子タバコには、通常のタバコよりも化学物質が少ないのが一般的ですが、鉛などの重金属、肺疾患につながる香料、肺の奥深くまで吸い込まれる微粒子、発がん性化学物質が含まれている可能性があります。電子タバコを使用している人の近くにいると、エアロゾルやその中の化学物質にさらされる可能性があります。これは、通常のタバコの受動喫煙に似ています。

電子タバコは禁煙に役立ちますか?

電子タバコは、FDA によって禁煙補助薬として承認されていません。これまでの研究では、電子タバコが喫煙者の禁煙に効果的であるという証拠は限られています。禁煙には、他にも実証済みで安全かつ効果的な方法があります。まずは、医師、看護師、カウンセラーに相談して、自分にとって最適な方法を見つけてください。

多くの人がニコチン置換療法(NRT)のような禁煙治療薬をパッチやガムの形で使用していますが、医師や他の専門家は、喫煙者が禁煙するために使用できる最も役立つツールの1つであることに同意しています。

出典: https://smokefree.gov/understanding-smoking/e-cigs-menthol-dip-more/what-we-know-about-e-cigarettes

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、医療、ヘルスケア、精神医学、心理学、または行動のヘルスケアアドバイスとして扱われるべきではありません。 に何も含まれていません Achieve Solutions このサイトは、医療診断または治療のために、または資格のある医療専門家との相談の代わりとして使用することを目的としています。 の操作に関する質問を直接お願いします Achieve Solutions サイトに Webフィードバック. 健康に不安のある方は、かかりつけの医療機関にご相談ください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。