同僚との緊張を和らげる

◇投稿日 11年2017月XNUMX日◇

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

まとめ

  • 話し合ってください。
  • 違いを強調するのは避けてください。
  • 緊張の中での自分の役割を調べてください。
  • 何を言っていないのかを明確にしてください。

職場の誰かに対して、不安な気持ちを感じていませんか? おそらく、あなたたち二人はここ数週間、口論になったことがあるでしょう。些細なことで意見が合わなかったのでしょうか? あるいは、重要なプロジェクトについて意見が一致しなかったのでしょうか? 

一つの出来事が緊張を引き起こすこともありますが、あなたと同僚が「仕事の競争」に巻き込まれていることに気づくかもしれません。仕事の不安定さは、誰もが理想的とは言えない行動をとる原因となる可能性があります。 

話し合うことは役に立つかもしれません。

話し合いの準備

  • 緊張の中での自分の役割を調べてください。 自分がそのことに何らかの形で貢献した可能性があるかどうか考えてみましょう。先週、同僚にあまりに厳しい言い方をしましたか? 上司があなたのことを自慢していたという事実をひけらかしましたか?

問題についてさらに深く理解するためには、「私は不適切な行動をとった罪を犯しただろうか?」と自問できるほど成熟していなければなりません。

  • 同僚と話し合う時間をスケジュールします。 彼女に会いたい理由を伝えましょう。こうすることで、二人とも準備する時間ができます。例えば、「私たちの間には緊張感があるように感じます。それについて話し合い、どうすれば緊張感を和らげられるかを考えたいです」と言うことができます。
  • 何を言うかを練習してください。 こうすることで、感情的ではなく論理的に見えるようになります。配偶者や信頼できる友人と「ロールプレイ」するのも役立つかもしれません。こうすることで、何を言うべきか、何を言わない方がよいかがわかるようになります。

会議のリハーサルをするときは、自分の声に注意深く耳を傾けてください。人は、何を言うかよりも、どのように言うかに影響を受けます。親切でプロフェッショナルな口調になるように努めてください。

対話を始める

同僚と話をするときには、次の提案が軌道に乗るのに役立つはずです。

  • 違いを強調するのは避けてください。 あらゆる段階で共通の基盤を築くよう努めます。「私たち」や「私たち二人」などの言葉を使って、同じ目標に向かって取り組んでいることを暗示します。
  • 自分自身の「発散」は最小限に抑えてください。 自分の立場を述べ、できるだけ沈黙を守りましょう。相手に話させましょう。よく聞くことは敬意を表します。同僚が率直に話してくれるなら、あなたに向けた怒りをいくらか和らげるのに役立つでしょう。
  • 何を言っていないのかを明確にしてください。 たとえば、次のように言うことができます。「ブライアン、私はあなたがうまくやっていないと言っているわけではありません。あなたはうまくやっています。私はただ、私たちの関係をもっとスムーズにするにはどうしたらよいか考えているだけです。」
  • 共通の基盤を築くために質問をしましょう。 たとえば、「私たちが衝突するのは、お互いにストレスを感じているからだと思いますか?」または「私はこれまであなたに対して公平だったと思いますか?」と尋ねることができます。
  • 緊張の原因となっている原因を解決するようにしてください。 これは話し合いの中で最も難しい部分かもしれません。特に、相手が嫉妬や仕事の安定性に対する不安を認めたくない場合はなおさらです (次のセクションを参照)。問題の原因を突き止めることができなければ、問題を解決するのは困難です。
  • 問題を解決する方法について意見を求めます。 自分一人ですべての答えを知っているふりをしないでください。緊張が高まるだけです。緊張を和らげるには 2 人の意欲が必要です。そのため、問題を解決するには相手が「責任」を負わなければならないことを理解してください。「あなたのアイデアを聞く用意があります」と言いましょう。
  • すぐに結果が出るとは思わないでください。 同僚の態度が和らぐまで待つ必要があるかもしれません。相手はあなたの会話について考えなければならないかもしれません。

仕事に対する嫉妬と恐怖に対処する

では、変化が起こらないと感じたらどうしますか? 心の声は「同僚は協力してくれない。私の計画はうまくいかない。」と言います。

そうなると、同僚はあなたを脅威とみなすかもしれません。あなたの才能や能力が、どういうわけか同僚に嫉妬や苦痛を感じさせているのです。もちろん、それは彼の問題です。状況を変えることはできませんが、対処することはできます。 

以下の提案をお試しください:

  • 一生懸命頑張ってください。 これが今のところの最善の選択肢です。物事に悩むことでエネルギーを使い果たさないでください。思いやりのない同僚は、あなたが感情的に混乱して疲れ果てることを望んでいるかもしれません。こうなると、仕事への集中力が失われます。

「同僚のサラは、私が昇進したことを怒っていました」と小売業のスーパーバイザーであるジャッキーは言います。「サラは私について何度も嘘をつきました。サラは私たちの会社のオーナーの親戚なので、上司は彼女を叱責しませんでした。」

ジャッキーは、自分の仕事を完璧にこなすことに全力を注いだだけだと言います。「嫉妬深い同僚のことは誰にも言わないようにしました。もっと一生懸命働き、ベストを尽くすことに集中しました。そして昇進しました。」

  • 噂話を広めないでください。 黙っていましょう。口を閉ざす能力は、あなたが「一流の人物」であることを示します。また、同僚の噂話をすると、緊張自体が増大し始めます。それが雪だるま式に大きくなると、緊張を和らげるのが難しくなります。

緊張がさらに高まる場合は、仲裁者を見つけるようにしてください。私たち全員には、適度に調和のとれた雰囲気で働く権利があります。同僚があなたの精神的健康に悪影響を与えるような行動をとった場合は、上司に相談してください。介入を求めてください。

おそらく、外部の調停人があなたと同僚と話し合い、意見の相違を解決するための新たなアドバイスを提供してくれるでしょう。その後、3 週間後に調停人と再び会い、さらに 3 か月後にもう一度会いましょう。これは、同僚に自分の行動の責任を負わせる 1 つの方法です。 

ジュディ・ライト・ホプソン

まとめ

  • 話し合ってください。
  • 違いを強調するのは避けてください。
  • 緊張の中での自分の役割を調べてください。
  • 何を言っていないのかを明確にしてください。

職場の誰かに対して、不安な気持ちを感じていませんか? おそらく、あなたたち二人はここ数週間、口論になったことがあるでしょう。些細なことで意見が合わなかったのでしょうか? あるいは、重要なプロジェクトについて意見が一致しなかったのでしょうか? 

一つの出来事が緊張を引き起こすこともありますが、あなたと同僚が「仕事の競争」に巻き込まれていることに気づくかもしれません。仕事の不安定さは、誰もが理想的とは言えない行動をとる原因となる可能性があります。 

話し合うことは役に立つかもしれません。

話し合いの準備

  • 緊張の中での自分の役割を調べてください。 自分がそのことに何らかの形で貢献した可能性があるかどうか考えてみましょう。先週、同僚にあまりに厳しい言い方をしましたか? 上司があなたのことを自慢していたという事実をひけらかしましたか?

問題についてさらに深く理解するためには、「私は不適切な行動をとった罪を犯しただろうか?」と自問できるほど成熟していなければなりません。

  • 同僚と話し合う時間をスケジュールします。 彼女に会いたい理由を伝えましょう。こうすることで、二人とも準備する時間ができます。例えば、「私たちの間には緊張感があるように感じます。それについて話し合い、どうすれば緊張感を和らげられるかを考えたいです」と言うことができます。
  • 何を言うかを練習してください。 こうすることで、感情的ではなく論理的に見えるようになります。配偶者や信頼できる友人と「ロールプレイ」するのも役立つかもしれません。こうすることで、何を言うべきか、何を言わない方がよいかがわかるようになります。

会議のリハーサルをするときは、自分の声に注意深く耳を傾けてください。人は、何を言うかよりも、どのように言うかに影響を受けます。親切でプロフェッショナルな口調になるように努めてください。

対話を始める

同僚と話をするときには、次の提案が軌道に乗るのに役立つはずです。

  • 違いを強調するのは避けてください。 あらゆる段階で共通の基盤を築くよう努めます。「私たち」や「私たち二人」などの言葉を使って、同じ目標に向かって取り組んでいることを暗示します。
  • 自分自身の「発散」は最小限に抑えてください。 自分の立場を述べ、できるだけ沈黙を守りましょう。相手に話させましょう。よく聞くことは敬意を表します。同僚が率直に話してくれるなら、あなたに向けた怒りをいくらか和らげるのに役立つでしょう。
  • 何を言っていないのかを明確にしてください。 たとえば、次のように言うことができます。「ブライアン、私はあなたがうまくやっていないと言っているわけではありません。あなたはうまくやっています。私はただ、私たちの関係をもっとスムーズにするにはどうしたらよいか考えているだけです。」
  • 共通の基盤を築くために質問をしましょう。 たとえば、「私たちが衝突するのは、お互いにストレスを感じているからだと思いますか?」または「私はこれまであなたに対して公平だったと思いますか?」と尋ねることができます。
  • 緊張の原因となっている原因を解決するようにしてください。 これは話し合いの中で最も難しい部分かもしれません。特に、相手が嫉妬や仕事の安定性に対する不安を認めたくない場合はなおさらです (次のセクションを参照)。問題の原因を突き止めることができなければ、問題を解決するのは困難です。
  • 問題を解決する方法について意見を求めます。 自分一人ですべての答えを知っているふりをしないでください。緊張が高まるだけです。緊張を和らげるには 2 人の意欲が必要です。そのため、問題を解決するには相手が「責任」を負わなければならないことを理解してください。「あなたのアイデアを聞く用意があります」と言いましょう。
  • すぐに結果が出るとは思わないでください。 同僚の態度が和らぐまで待つ必要があるかもしれません。相手はあなたの会話について考えなければならないかもしれません。

仕事に対する嫉妬と恐怖に対処する

では、変化が起こらないと感じたらどうしますか? 心の声は「同僚は協力してくれない。私の計画はうまくいかない。」と言います。

そうなると、同僚はあなたを脅威とみなすかもしれません。あなたの才能や能力が、どういうわけか同僚に嫉妬や苦痛を感じさせているのです。もちろん、それは彼の問題です。状況を変えることはできませんが、対処することはできます。 

以下の提案をお試しください:

  • 一生懸命頑張ってください。 これが今のところの最善の選択肢です。物事に悩むことでエネルギーを使い果たさないでください。思いやりのない同僚は、あなたが感情的に混乱して疲れ果てることを望んでいるかもしれません。こうなると、仕事への集中力が失われます。

「同僚のサラは、私が昇進したことを怒っていました」と小売業のスーパーバイザーであるジャッキーは言います。「サラは私について何度も嘘をつきました。サラは私たちの会社のオーナーの親戚なので、上司は彼女を叱責しませんでした。」

ジャッキーは、自分の仕事を完璧にこなすことに全力を注いだだけだと言います。「嫉妬深い同僚のことは誰にも言わないようにしました。もっと一生懸命働き、ベストを尽くすことに集中しました。そして昇進しました。」

  • 噂話を広めないでください。 黙っていましょう。口を閉ざす能力は、あなたが「一流の人物」であることを示します。また、同僚の噂話をすると、緊張自体が増大し始めます。それが雪だるま式に大きくなると、緊張を和らげるのが難しくなります。

緊張がさらに高まる場合は、仲裁者を見つけるようにしてください。私たち全員には、適度に調和のとれた雰囲気で働く権利があります。同僚があなたの精神的健康に悪影響を与えるような行動をとった場合は、上司に相談してください。介入を求めてください。

おそらく、外部の調停人があなたと同僚と話し合い、意見の相違を解決するための新たなアドバイスを提供してくれるでしょう。その後、3 週間後に調停人と再び会い、さらに 3 か月後にもう一度会いましょう。これは、同僚に自分の行動の責任を負わせる 1 つの方法です。 

ジュディ・ライト・ホプソン

まとめ

  • 話し合ってください。
  • 違いを強調するのは避けてください。
  • 緊張の中での自分の役割を調べてください。
  • 何を言っていないのかを明確にしてください。

職場の誰かに対して、不安な気持ちを感じていませんか? おそらく、あなたたち二人はここ数週間、口論になったことがあるでしょう。些細なことで意見が合わなかったのでしょうか? あるいは、重要なプロジェクトについて意見が一致しなかったのでしょうか? 

一つの出来事が緊張を引き起こすこともありますが、あなたと同僚が「仕事の競争」に巻き込まれていることに気づくかもしれません。仕事の不安定さは、誰もが理想的とは言えない行動をとる原因となる可能性があります。 

話し合うことは役に立つかもしれません。

話し合いの準備

  • 緊張の中での自分の役割を調べてください。 自分がそのことに何らかの形で貢献した可能性があるかどうか考えてみましょう。先週、同僚にあまりに厳しい言い方をしましたか? 上司があなたのことを自慢していたという事実をひけらかしましたか?

問題についてさらに深く理解するためには、「私は不適切な行動をとった罪を犯しただろうか?」と自問できるほど成熟していなければなりません。

  • 同僚と話し合う時間をスケジュールします。 彼女に会いたい理由を伝えましょう。こうすることで、二人とも準備する時間ができます。例えば、「私たちの間には緊張感があるように感じます。それについて話し合い、どうすれば緊張感を和らげられるかを考えたいです」と言うことができます。
  • 何を言うかを練習してください。 こうすることで、感情的ではなく論理的に見えるようになります。配偶者や信頼できる友人と「ロールプレイ」するのも役立つかもしれません。こうすることで、何を言うべきか、何を言わない方がよいかがわかるようになります。

会議のリハーサルをするときは、自分の声に注意深く耳を傾けてください。人は、何を言うかよりも、どのように言うかに影響を受けます。親切でプロフェッショナルな口調になるように努めてください。

対話を始める

同僚と話をするときには、次の提案が軌道に乗るのに役立つはずです。

  • 違いを強調するのは避けてください。 あらゆる段階で共通の基盤を築くよう努めます。「私たち」や「私たち二人」などの言葉を使って、同じ目標に向かって取り組んでいることを暗示します。
  • 自分自身の「発散」は最小限に抑えてください。 自分の立場を述べ、できるだけ沈黙を守りましょう。相手に話させましょう。よく聞くことは敬意を表します。同僚が率直に話してくれるなら、あなたに向けた怒りをいくらか和らげるのに役立つでしょう。
  • 何を言っていないのかを明確にしてください。 たとえば、次のように言うことができます。「ブライアン、私はあなたがうまくやっていないと言っているわけではありません。あなたはうまくやっています。私はただ、私たちの関係をもっとスムーズにするにはどうしたらよいか考えているだけです。」
  • 共通の基盤を築くために質問をしましょう。 たとえば、「私たちが衝突するのは、お互いにストレスを感じているからだと思いますか?」または「私はこれまであなたに対して公平だったと思いますか?」と尋ねることができます。
  • 緊張の原因となっている原因を解決するようにしてください。 これは話し合いの中で最も難しい部分かもしれません。特に、相手が嫉妬や仕事の安定性に対する不安を認めたくない場合はなおさらです (次のセクションを参照)。問題の原因を突き止めることができなければ、問題を解決するのは困難です。
  • 問題を解決する方法について意見を求めます。 自分一人ですべての答えを知っているふりをしないでください。緊張が高まるだけです。緊張を和らげるには 2 人の意欲が必要です。そのため、問題を解決するには相手が「責任」を負わなければならないことを理解してください。「あなたのアイデアを聞く用意があります」と言いましょう。
  • すぐに結果が出るとは思わないでください。 同僚の態度が和らぐまで待つ必要があるかもしれません。相手はあなたの会話について考えなければならないかもしれません。

仕事に対する嫉妬と恐怖に対処する

では、変化が起こらないと感じたらどうしますか? 心の声は「同僚は協力してくれない。私の計画はうまくいかない。」と言います。

そうなると、同僚はあなたを脅威とみなすかもしれません。あなたの才能や能力が、どういうわけか同僚に嫉妬や苦痛を感じさせているのです。もちろん、それは彼の問題です。状況を変えることはできませんが、対処することはできます。 

以下の提案をお試しください:

  • 一生懸命頑張ってください。 これが今のところの最善の選択肢です。物事に悩むことでエネルギーを使い果たさないでください。思いやりのない同僚は、あなたが感情的に混乱して疲れ果てることを望んでいるかもしれません。こうなると、仕事への集中力が失われます。

「同僚のサラは、私が昇進したことを怒っていました」と小売業のスーパーバイザーであるジャッキーは言います。「サラは私について何度も嘘をつきました。サラは私たちの会社のオーナーの親戚なので、上司は彼女を叱責しませんでした。」

ジャッキーは、自分の仕事を完璧にこなすことに全力を注いだだけだと言います。「嫉妬深い同僚のことは誰にも言わないようにしました。もっと一生懸命働き、ベストを尽くすことに集中しました。そして昇進しました。」

  • 噂話を広めないでください。 黙っていましょう。口を閉ざす能力は、あなたが「一流の人物」であることを示します。また、同僚の噂話をすると、緊張自体が増大し始めます。それが雪だるま式に大きくなると、緊張を和らげるのが難しくなります。

緊張がさらに高まる場合は、仲裁者を見つけるようにしてください。私たち全員には、適度に調和のとれた雰囲気で働く権利があります。同僚があなたの精神的健康に悪影響を与えるような行動をとった場合は、上司に相談してください。介入を求めてください。

おそらく、外部の調停人があなたと同僚と話し合い、意見の相違を解決するための新たなアドバイスを提供してくれるでしょう。その後、3 週間後に調停人と再び会い、さらに 3 か月後にもう一度会いましょう。これは、同僚に自分の行動の責任を負わせる 1 つの方法です。 

ジュディ・ライト・ホプソン

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、問題行動の健康管理または管理のアドバイスとして扱われるべきではありません。 の操作に関する質問を直接送信してください Achieve Solutions サイトに ウエブサイト フィードバック. 職場の問題に関連する質問がある場合は、人事部にお問い合わせください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。