紛争に対処するより良い方法

27年2022月XNUMX日に投稿しました

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

対立は、二人の人が何かについて意見が異なるときに起こります。 人々は多くの類似点を持っているにもかかわらず、誰もが他の人とは異なり、人々は衝突するでしょう。 紛争は人生の自然な一部分であり、頻繁に起こります。

対立は前向きで健全なものであると同時に、学習と成長の経験にもなります。 人々が健全な方法でこの問題に対処すれば、誰もが満足できる解決策を見つけることができます。 これはいわゆる対立の管理です。

残念ながら、対立にはマイナス面もあります。人々はお互いに意見が合わないだけでなく、時には感情を傷つけたり、人間関係を壊したりすることもあります。

対立にどう対処するか

競合に対処するために使用される主な戦略は XNUMX つあります。

フライト: 争いを避け、争いがなくなることを願う(回避)
戦い: 権威、権利、または武力を利用して他者に勝つことを試みる(地位に基づく競争)
参加: 他の人々と話し合って、お互いの利益を満たす解決策を開発し、全員が納得できる何らかの結果を導き出す(利益に基づく問題解決)

意見の相違を管理するためのより良い方法を見つけるためのオプションがあります。 人々は紛争管理に協力して、利益に基づく問題解決の理解と実践を高めることができます。

興味に基づいた問題解決

関心に基づく問題解決 (IBPS) が意味するのは、問題を抱えている人々が一緒に座って、お互いの懸念事項について話し合うことで問題を解決できるかどうかを確認することが合理的な場合があるということです。

互いに対立している人々は、多くの場合、共通の利益を持っています。 たとえば、職場では、共通の利益には、組織の全体的な成功、コミュニケーション、チームワーク、全員の専門的能力、品質、生産性、倫理的扱い、多様性の認識などが含まれます。

IBPS には次のような重要な利点があります。

  • 当事者は、意思決定プロセスが公正なものであったと感じる可能性が高くなります。
  • 当事者は、締結された合意の履行に一層熱心になる傾向があります。
  • 彼らはお互いをより深く理解し、尊重するようになるでしょう。
  • 将来紛争が発生した場合、彼らは模範を示すことができるため、当事者は紛争に対処し、建設的に対処することが容易になります。
  • IBPS は多くの場合、権力や権利に基づく系統よりも長期的にはコストが低くなります。 IBPS は結果を生み出し、当事者間の関係を一貫して維持します。 それによって関係も改善されるかもしれません。

すべての競合を同じ方法で処理する必要があるというわけではありません。 いくつかの違いはそれほど大きなことではありません。 その他の原因は不注意によって引き起こされる可能性があり、それに対してできることはあまりありません。 紛争状況の解決策として、回避と競争の正当な必要性が常に存在します。

一方で、一部の紛争は大きく、重要で、困難であるため、直接対処することが合理的です。 このような状況では、回避、競争、利益の分析という、XNUMX つではなく XNUMX つの選択肢があることを認識することが重要です。

経験によれば、人々はさまざまな紛争管理手法を使用すると、より成功して任務を達成できることがわかっています。 紛争への対処方法を改善することで、人々は組織 (またはその他の環境) の文化を変えて、目的を達成する際の障壁の一部を取り除くことができます。

あなたが人々に良く公平に接していれば、ほとんどの場合、彼らも同じように反応するでしょう。 また、お互いを正直かつ公平に扱えば、より友好的な職場環境が生まれるでしょう。 通常、これにより品質重視の生産性が向上します。

出典: 米国退役軍人省、www.va.gov

対立は、二人の人が何かについて意見が異なるときに起こります。 人々は多くの類似点を持っているにもかかわらず、誰もが他の人とは異なり、人々は衝突するでしょう。 紛争は人生の自然な一部分であり、頻繁に起こります。

対立は前向きで健全なものであると同時に、学習と成長の経験にもなります。 人々が健全な方法でこの問題に対処すれば、誰もが満足できる解決策を見つけることができます。 これはいわゆる対立の管理です。

残念ながら、対立にはマイナス面もあります。人々はお互いに意見が合わないだけでなく、時には感情を傷つけたり、人間関係を壊したりすることもあります。

対立にどう対処するか

競合に対処するために使用される主な戦略は XNUMX つあります。

フライト: 争いを避け、争いがなくなることを願う(回避)
戦い: 権威、権利、または武力を利用して他者に勝つことを試みる(地位に基づく競争)
参加: 他の人々と話し合って、お互いの利益を満たす解決策を開発し、全員が納得できる何らかの結果を導き出す(利益に基づく問題解決)

意見の相違を管理するためのより良い方法を見つけるためのオプションがあります。 人々は紛争管理に協力して、利益に基づく問題解決の理解と実践を高めることができます。

興味に基づいた問題解決

関心に基づく問題解決 (IBPS) が意味するのは、問題を抱えている人々が一緒に座って、お互いの懸念事項について話し合うことで問題を解決できるかどうかを確認することが合理的な場合があるということです。

互いに対立している人々は、多くの場合、共通の利益を持っています。 たとえば、職場では、共通の利益には、組織の全体的な成功、コミュニケーション、チームワーク、全員の専門的能力、品質、生産性、倫理的扱い、多様性の認識などが含まれます。

IBPS には次のような重要な利点があります。

  • 当事者は、意思決定プロセスが公正なものであったと感じる可能性が高くなります。
  • 当事者は、締結された合意の履行に一層熱心になる傾向があります。
  • 彼らはお互いをより深く理解し、尊重するようになるでしょう。
  • 将来紛争が発生した場合、彼らは模範を示すことができるため、当事者は紛争に対処し、建設的に対処することが容易になります。
  • IBPS は多くの場合、権力や権利に基づく系統よりも長期的にはコストが低くなります。 IBPS は結果を生み出し、当事者間の関係を一貫して維持します。 それによって関係も改善されるかもしれません。

すべての競合を同じ方法で処理する必要があるというわけではありません。 いくつかの違いはそれほど大きなことではありません。 その他の原因は不注意によって引き起こされる可能性があり、それに対してできることはあまりありません。 紛争状況の解決策として、回避と競争の正当な必要性が常に存在します。

一方で、一部の紛争は大きく、重要で、困難であるため、直接対処することが合理的です。 このような状況では、回避、競争、利益の分析という、XNUMX つではなく XNUMX つの選択肢があることを認識することが重要です。

経験によれば、人々はさまざまな紛争管理手法を使用すると、より成功して任務を達成できることがわかっています。 紛争への対処方法を改善することで、人々は組織 (またはその他の環境) の文化を変えて、目的を達成する際の障壁の一部を取り除くことができます。

あなたが人々に良く公平に接していれば、ほとんどの場合、彼らも同じように反応するでしょう。 また、お互いを正直かつ公平に扱えば、より友好的な職場環境が生まれるでしょう。 通常、これにより品質重視の生産性が向上します。

出典: 米国退役軍人省、www.va.gov

対立は、二人の人が何かについて意見が異なるときに起こります。 人々は多くの類似点を持っているにもかかわらず、誰もが他の人とは異なり、人々は衝突するでしょう。 紛争は人生の自然な一部分であり、頻繁に起こります。

対立は前向きで健全なものであると同時に、学習と成長の経験にもなります。 人々が健全な方法でこの問題に対処すれば、誰もが満足できる解決策を見つけることができます。 これはいわゆる対立の管理です。

残念ながら、対立にはマイナス面もあります。人々はお互いに意見が合わないだけでなく、時には感情を傷つけたり、人間関係を壊したりすることもあります。

対立にどう対処するか

競合に対処するために使用される主な戦略は XNUMX つあります。

フライト: 争いを避け、争いがなくなることを願う(回避)
戦い: 権威、権利、または武力を利用して他者に勝つことを試みる(地位に基づく競争)
参加: 他の人々と話し合って、お互いの利益を満たす解決策を開発し、全員が納得できる何らかの結果を導き出す(利益に基づく問題解決)

意見の相違を管理するためのより良い方法を見つけるためのオプションがあります。 人々は紛争管理に協力して、利益に基づく問題解決の理解と実践を高めることができます。

興味に基づいた問題解決

関心に基づく問題解決 (IBPS) が意味するのは、問題を抱えている人々が一緒に座って、お互いの懸念事項について話し合うことで問題を解決できるかどうかを確認することが合理的な場合があるということです。

互いに対立している人々は、多くの場合、共通の利益を持っています。 たとえば、職場では、共通の利益には、組織の全体的な成功、コミュニケーション、チームワーク、全員の専門的能力、品質、生産性、倫理的扱い、多様性の認識などが含まれます。

IBPS には次のような重要な利点があります。

  • 当事者は、意思決定プロセスが公正なものであったと感じる可能性が高くなります。
  • 当事者は、締結された合意の履行に一層熱心になる傾向があります。
  • 彼らはお互いをより深く理解し、尊重するようになるでしょう。
  • 将来紛争が発生した場合、彼らは模範を示すことができるため、当事者は紛争に対処し、建設的に対処することが容易になります。
  • IBPS は多くの場合、権力や権利に基づく系統よりも長期的にはコストが低くなります。 IBPS は結果を生み出し、当事者間の関係を一貫して維持します。 それによって関係も改善されるかもしれません。

すべての競合を同じ方法で処理する必要があるというわけではありません。 いくつかの違いはそれほど大きなことではありません。 その他の原因は不注意によって引き起こされる可能性があり、それに対してできることはあまりありません。 紛争状況の解決策として、回避と競争の正当な必要性が常に存在します。

一方で、一部の紛争は大きく、重要で、困難であるため、直接対処することが合理的です。 このような状況では、回避、競争、利益の分析という、XNUMX つではなく XNUMX つの選択肢があることを認識することが重要です。

経験によれば、人々はさまざまな紛争管理手法を使用すると、より成功して任務を達成できることがわかっています。 紛争への対処方法を改善することで、人々は組織 (またはその他の環境) の文化を変えて、目的を達成する際の障壁の一部を取り除くことができます。

あなたが人々に良く公平に接していれば、ほとんどの場合、彼らも同じように反応するでしょう。 また、お互いを正直かつ公平に扱えば、より友好的な職場環境が生まれるでしょう。 通常、これにより品質重視の生産性が向上します。

出典: 米国退役軍人省、www.va.gov

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、問題行動の健康管理または管理のアドバイスとして扱われるべきではありません。 の操作に関する質問を直接送信してください Achieve Solutions サイトに ウエブサイト フィードバック. 職場の問題に関連する質問がある場合は、人事部にお問い合わせください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。