結婚生活における怒りに対処する

10年2021月XNUMX日に投稿

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

結婚生活においてパートナーが身につけなければならない最も難しいスキルの 1 つは、怒りに効果的に対処することです。2 人が一緒に暮らしている限り、怒りのエピソードは必ず起こります。怒りは完全に正常で健全な感情ですが、細心の注意を払う必要があります。結婚生活における怒りを定義するとすれば、それはフラストレーションやその他の状況に反応して怒りを感じ、考えずに衝動的に自分を表現することであると言えるでしょう。怒りは、感情を正当化したり、感情を置き換えたり、自尊心を高めたりするために使われることがあります。

怒りは人類に知られている最も一般的な感情の 1 つですが、この感情に完全に効果的に反応できる人はほとんどいません。私たちの多くは、子供の頃に学び、大人になっても使い続けている特定の反応に頼っています。これらの反応は、建設的または破壊的な行動に変わる可能性があります。何が怒りを引き起こすのかを認識すると、この感情に対処するためのよりよい方法を見つけるのに役立ちます。重要なのは、怒るかどうかではなく、怒ったときに何をするかです。結婚生活で怒りを表現することは、実際には役立ち、カップルの絆を深めることができますが、カップルが怒りを建設的に使用しないと、逆効果になることもあります。

結婚して間もない頃は、争いを避けるのではなく、解決することが重要です。争いを健全な方法で処理すれば、関係を強化するのに役立ちますが、争いが続くと、怒りが愛情を覆い隠してしまう可能性があります。怒りを研究した人々によると、結婚関係では他のどの関係よりも多くの怒りが生まれます。解決されない怒りは、他の人に対する暴力の主な原因です。結婚の成功または失敗は、カップルが怒りに対処する方法にかかっている可能性があります。

結婚生活における対立、怒り、喧嘩は、夫婦間の相違によって引き起こされます。解決されないままにしておくと、不信感、緊張、さらには恐怖につながる可能性があります。ほとんどの人は、怒りをぶちまけるか抑えるかのどちらかで怒りに対処することを学んできました。カップルが対立を経験すると、彼らはやがて将来の対立を避けるために、自分たちについて何を明かしてよいか、何を明かしてはいけないかを学びます。怒鳴り声をあげ、引き下がってから、また徐々に近づいていき、また対立が起こるカップルもいます。行き過ぎて、怒りを爆発させてお互いを精神的または身体的に傷つけるカップルもいます。怒りを抑えることで対処するカップルもいます。怒りを直接表現することに抵抗を感じる人が多く、物事を問題にしないことを学びます。

怒りは常に表面下でくすぶっているため、抑えつけられると危険です。怒りを直接表現する代わりに、受動的攻撃という方法もあります。慢性的な批判、皮肉、口うるさい言い方などがその例です。長期間怒りを抑えつけるもう 1 つの例は、無関心です。カップルが感情的に離れてしまうこともあります。

カップルが関係の早い段階で怒りを表現し、対立に対処することを学べば、長期的には結婚生活を強めることができます。ここでは、対立を管理するカップルに役立つガイドラインをいくつか紹介します。これは「絆を築く戦い」と呼ばれ、口論しているときでも、パートナー同士がお互いを傷つけるのではなく、築き上げようとするという考え方です。

  • お互いにレベルを合わせましょう。 相手の気持ちが分かると思い込まないでください。カップルが自分の気持ちを話さず、相手が感情を抑えていることに気づかない場合、争いは解決しないままになることがよくあります。
  • 攻撃を避けるために、可能な場合は「I 文」を使用してください。 「I」ステートメントは、肯定的な方法で伝えられた場合に最も効果的です。
  • 混乱したメッセージや重複したメッセージは避けてください。 これらは言語的または非言語的である可能性があります。混合メッセージにより、人々は他人に自分が怒っていることを知らせると同時に、それを否定することもできます。
  • 時間と場所を慎重に選んでください。 二人とも話し合う準備ができていることを確認してください。
  • 今起こっている問題に焦点を当ててください。
  • 苦情がある場合は、その問題に対する解決策を少なくとも 1 つ提案できるようにしておいてください。 問題を解決するにはいくつかの方法があることを認識し、妥協する用意をしてください。
  • 配偶者を変えることはできないが、自分の行動を変えることはできるということを受け入れましょう。 変化を拒否したり、変化できないと主張する人は、親密な関係を持つことを拒否しているのです。
  • 勝とうとしないでください。 片方が勝てば、もう片方は負けます。もし両者がお互いの違いを理解できれば、二人はより親密になり、両方とも勝利します。
  • 幸せなカップルは、いつ、どのように喧嘩をやめるべきかを知っています。 理想的には、喧嘩はお互いが意見の相違を表明する機会を持てば終わります。しかし、時には、パートナーがあまりにも傷ついてそれ以上続けられない場合は、解決に至る前に口論をやめる必要がある場合もあります。

幸せなカップルは争いがないわけではありません。むしろ、行動を変え、合理的な代替案を提示します。争いや怒りは健全な関係にはふさわしくないという思い込みを克服しようと努力すれば、喧嘩をしてもカップルの絆は深まるかもしれません。

結婚生活においてパートナーが身につけなければならない最も難しいスキルの 1 つは、怒りに効果的に対処することです。2 人が一緒に暮らしている限り、怒りのエピソードは必ず起こります。怒りは完全に正常で健全な感情ですが、細心の注意を払う必要があります。結婚生活における怒りを定義するとすれば、それはフラストレーションやその他の状況に反応して怒りを感じ、考えずに衝動的に自分を表現することであると言えるでしょう。怒りは、感情を正当化したり、感情を置き換えたり、自尊心を高めたりするために使われることがあります。

怒りは人類に知られている最も一般的な感情の 1 つですが、この感情に完全に効果的に反応できる人はほとんどいません。私たちの多くは、子供の頃に学び、大人になっても使い続けている特定の反応に頼っています。これらの反応は、建設的または破壊的な行動に変わる可能性があります。何が怒りを引き起こすのかを認識すると、この感情に対処するためのよりよい方法を見つけるのに役立ちます。重要なのは、怒るかどうかではなく、怒ったときに何をするかです。結婚生活で怒りを表現することは、実際には役立ち、カップルの絆を深めることができますが、カップルが怒りを建設的に使用しないと、逆効果になることもあります。

結婚して間もない頃は、争いを避けるのではなく、解決することが重要です。争いを健全な方法で処理すれば、関係を強化するのに役立ちますが、争いが続くと、怒りが愛情を覆い隠してしまう可能性があります。怒りを研究した人々によると、結婚関係では他のどの関係よりも多くの怒りが生まれます。解決されない怒りは、他の人に対する暴力の主な原因です。結婚の成功または失敗は、カップルが怒りに対処する方法にかかっている可能性があります。

結婚生活における対立、怒り、喧嘩は、夫婦間の相違によって引き起こされます。解決されないままにしておくと、不信感、緊張、さらには恐怖につながる可能性があります。ほとんどの人は、怒りをぶちまけるか抑えるかのどちらかで怒りに対処することを学んできました。カップルが対立を経験すると、彼らはやがて将来の対立を避けるために、自分たちについて何を明かしてよいか、何を明かしてはいけないかを学びます。怒鳴り声をあげ、引き下がってから、また徐々に近づいていき、また対立が起こるカップルもいます。行き過ぎて、怒りを爆発させてお互いを精神的または身体的に傷つけるカップルもいます。怒りを抑えることで対処するカップルもいます。怒りを直接表現することに抵抗を感じる人が多く、物事を問題にしないことを学びます。

怒りは常に表面下でくすぶっているため、抑えつけられると危険です。怒りを直接表現する代わりに、受動的攻撃という方法もあります。慢性的な批判、皮肉、口うるさい言い方などがその例です。長期間怒りを抑えつけるもう 1 つの例は、無関心です。カップルが感情的に離れてしまうこともあります。

カップルが関係の早い段階で怒りを表現し、対立に対処することを学べば、長期的には結婚生活を強めることができます。ここでは、対立を管理するカップルに役立つガイドラインをいくつか紹介します。これは「絆を築く戦い」と呼ばれ、口論しているときでも、パートナー同士がお互いを傷つけるのではなく、築き上げようとするという考え方です。

  • お互いにレベルを合わせましょう。 相手の気持ちが分かると思い込まないでください。カップルが自分の気持ちを話さず、相手が感情を抑えていることに気づかない場合、争いは解決しないままになることがよくあります。
  • 攻撃を避けるために、可能な場合は「I 文」を使用してください。 「I」ステートメントは、肯定的な方法で伝えられた場合に最も効果的です。
  • 混乱したメッセージや重複したメッセージは避けてください。 これらは言語的または非言語的である可能性があります。混合メッセージにより、人々は他人に自分が怒っていることを知らせると同時に、それを否定することもできます。
  • 時間と場所を慎重に選んでください。 二人とも話し合う準備ができていることを確認してください。
  • 今起こっている問題に焦点を当ててください。
  • 苦情がある場合は、その問題に対する解決策を少なくとも 1 つ提案できるようにしておいてください。 問題を解決するにはいくつかの方法があることを認識し、妥協する用意をしてください。
  • 配偶者を変えることはできないが、自分の行動を変えることはできるということを受け入れましょう。 変化を拒否したり、変化できないと主張する人は、親密な関係を持つことを拒否しているのです。
  • 勝とうとしないでください。 片方が勝てば、もう片方は負けます。もし両者がお互いの違いを理解できれば、二人はより親密になり、両方とも勝利します。
  • 幸せなカップルは、いつ、どのように喧嘩をやめるべきかを知っています。 理想的には、喧嘩はお互いが意見の相違を表明する機会を持てば終わります。しかし、時には、パートナーがあまりにも傷ついてそれ以上続けられない場合は、解決に至る前に口論をやめる必要がある場合もあります。

幸せなカップルは争いがないわけではありません。むしろ、行動を変え、合理的な代替案を提示します。争いや怒りは健全な関係にはふさわしくないという思い込みを克服しようと努力すれば、喧嘩をしてもカップルの絆は深まるかもしれません。

結婚生活においてパートナーが身につけなければならない最も難しいスキルの 1 つは、怒りに効果的に対処することです。2 人が一緒に暮らしている限り、怒りのエピソードは必ず起こります。怒りは完全に正常で健全な感情ですが、細心の注意を払う必要があります。結婚生活における怒りを定義するとすれば、それはフラストレーションやその他の状況に反応して怒りを感じ、考えずに衝動的に自分を表現することであると言えるでしょう。怒りは、感情を正当化したり、感情を置き換えたり、自尊心を高めたりするために使われることがあります。

怒りは人類に知られている最も一般的な感情の 1 つですが、この感情に完全に効果的に反応できる人はほとんどいません。私たちの多くは、子供の頃に学び、大人になっても使い続けている特定の反応に頼っています。これらの反応は、建設的または破壊的な行動に変わる可能性があります。何が怒りを引き起こすのかを認識すると、この感情に対処するためのよりよい方法を見つけるのに役立ちます。重要なのは、怒るかどうかではなく、怒ったときに何をするかです。結婚生活で怒りを表現することは、実際には役立ち、カップルの絆を深めることができますが、カップルが怒りを建設的に使用しないと、逆効果になることもあります。

結婚して間もない頃は、争いを避けるのではなく、解決することが重要です。争いを健全な方法で処理すれば、関係を強化するのに役立ちますが、争いが続くと、怒りが愛情を覆い隠してしまう可能性があります。怒りを研究した人々によると、結婚関係では他のどの関係よりも多くの怒りが生まれます。解決されない怒りは、他の人に対する暴力の主な原因です。結婚の成功または失敗は、カップルが怒りに対処する方法にかかっている可能性があります。

結婚生活における対立、怒り、喧嘩は、夫婦間の相違によって引き起こされます。解決されないままにしておくと、不信感、緊張、さらには恐怖につながる可能性があります。ほとんどの人は、怒りをぶちまけるか抑えるかのどちらかで怒りに対処することを学んできました。カップルが対立を経験すると、彼らはやがて将来の対立を避けるために、自分たちについて何を明かしてよいか、何を明かしてはいけないかを学びます。怒鳴り声をあげ、引き下がってから、また徐々に近づいていき、また対立が起こるカップルもいます。行き過ぎて、怒りを爆発させてお互いを精神的または身体的に傷つけるカップルもいます。怒りを抑えることで対処するカップルもいます。怒りを直接表現することに抵抗を感じる人が多く、物事を問題にしないことを学びます。

怒りは常に表面下でくすぶっているため、抑えつけられると危険です。怒りを直接表現する代わりに、受動的攻撃という方法もあります。慢性的な批判、皮肉、口うるさい言い方などがその例です。長期間怒りを抑えつけるもう 1 つの例は、無関心です。カップルが感情的に離れてしまうこともあります。

カップルが関係の早い段階で怒りを表現し、対立に対処することを学べば、長期的には結婚生活を強めることができます。ここでは、対立を管理するカップルに役立つガイドラインをいくつか紹介します。これは「絆を築く戦い」と呼ばれ、口論しているときでも、パートナー同士がお互いを傷つけるのではなく、築き上げようとするという考え方です。

  • お互いにレベルを合わせましょう。 相手の気持ちが分かると思い込まないでください。カップルが自分の気持ちを話さず、相手が感情を抑えていることに気づかない場合、争いは解決しないままになることがよくあります。
  • 攻撃を避けるために、可能な場合は「I 文」を使用してください。 「I」ステートメントは、肯定的な方法で伝えられた場合に最も効果的です。
  • 混乱したメッセージや重複したメッセージは避けてください。 これらは言語的または非言語的である可能性があります。混合メッセージにより、人々は他人に自分が怒っていることを知らせると同時に、それを否定することもできます。
  • 時間と場所を慎重に選んでください。 二人とも話し合う準備ができていることを確認してください。
  • 今起こっている問題に焦点を当ててください。
  • 苦情がある場合は、その問題に対する解決策を少なくとも 1 つ提案できるようにしておいてください。 問題を解決するにはいくつかの方法があることを認識し、妥協する用意をしてください。
  • 配偶者を変えることはできないが、自分の行動を変えることはできるということを受け入れましょう。 変化を拒否したり、変化できないと主張する人は、親密な関係を持つことを拒否しているのです。
  • 勝とうとしないでください。 片方が勝てば、もう片方は負けます。もし両者がお互いの違いを理解できれば、二人はより親密になり、両方とも勝利します。
  • 幸せなカップルは、いつ、どのように喧嘩をやめるべきかを知っています。 理想的には、喧嘩はお互いが意見の相違を表明する機会を持てば終わります。しかし、時には、パートナーがあまりにも傷ついてそれ以上続けられない場合は、解決に至る前に口論をやめる必要がある場合もあります。

幸せなカップルは争いがないわけではありません。むしろ、行動を変え、合理的な代替案を提示します。争いや怒りは健全な関係にはふさわしくないという思い込みを克服しようと努力すれば、喧嘩をしてもカップルの絆は深まるかもしれません。

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、医療、ヘルスケア、精神医学、心理学、または行動のヘルスケアアドバイスとして扱われるべきではありません。 に何も含まれていません Achieve Solutions このサイトは、医療診断または治療のために、または資格のある医療専門家との相談の代わりとして使用することを目的としています。 の操作に関する質問を直接お願いします Achieve Solutions サイトに Webフィードバック. 健康に不安のある方は、かかりつけの医療機関にご相談ください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。