アルコール使用障害とは何ですか?

17年2024月XNUMX日に投稿しました

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

米国とカナダでは、アルコールの過剰摂取が増加しています。あらゆる人種、社会、民族グループの人々、そしてあらゆる年齢層の男女が危険にさらされています。簡単に言えば、アルコールの過剰摂取は誰にでも起こり得るのです。

しかし、特定の人が他の人よりも問題を抱えやすいリスク要因がいくつかあります。アルコール使用障害(主に男性)、うつ病、不安症の家族歴がある人は、アルコールを過剰に摂取する可能性が高くなります。また、頻繁に飲酒する大人の元で育った子供は、アルコールを過剰に摂取する可能性が高くなります。飲酒する人の元で育たなかった子供は、飲酒の問題を抱える可能性が低くなります。

社会的受容

過去30年間で、アルコールの使用はより一般的になってきました。かつては、飲酒は結婚式や休日、成功や記念日を祝うなどの特別なイベントに限られていました。酔うことは好ましくありませんでした。今日では、多くの人はイベントまで飲酒を待たず、酔うことを楽しい時間と同じだと考えています。多くの若者は、飲酒は 楽しむ方法。

適度な飲酒とは?

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 米国医師会 適度な飲酒を定義しています。健康な男性の場合、12 日のアルコール飲料 1.5 杯までです。健康な女性の場合、XNUMX 日のアルコール飲料 XNUMX 杯までです。XNUMX 杯とは、XNUMX オンスの缶ビール、XNUMX オンスのワイン、または XNUMX オンスの強い酒と定義されています。

特定の人々は飲酒を避けるべきであることに留意してください。そのような人々とは、妊婦、機械を操作する人、特定の薬を服用している人、21 歳未満の人などです。

アルコール使用障害の定義

アルコール使用障害にはさまざまな定義があります。過剰摂取を、飲酒量や飲酒頻度で定義する人もいます。もう 1 つの方法は、飲酒の結果として人生に何が起こるかを見ることです。有害な結果につながるのは飲酒のパターンです。

アルコール使用障害の兆候

  • 酔っている
  • 飲酒について嘘をつく
  • 家族の活動への関心の欠如
  • 気分のむら
  • 悲しみ、怒り、緊張を感じすぎる
  • 飲酒に関する家族との対立
  • やめたり減らしたりしようとして失敗した
  • 仕事のパフォーマンスが低い、遅刻や欠勤が多い
  • 学生にとっては、成績と出席率の低下
  • 交通違反切符、飲酒運転、飲酒関連行為による逮捕などの法的問題
  • 道徳的判断力の欠如、性的な行動の乱れ、不正行為、危険な行為、強引な行為、暴力的な行為

アルコール使用障害とは何ですか?

多くの人は適度に飲酒し、問題を起こすことはありません。しかし、飲酒が生活の大きな部分を占める人もいます。アルコール使用障害には、飲酒に対する高い耐性と、飲酒を控えている期間の禁断症状が含まれます。アルコール使用障害を持つ典型的な人は、禁断症状が出ないように十分な頻度で飲酒します。

しかし、多くの専門家は、アルコール使用障害は単に耐性や身体的依存、あるいは飲酒量や頻度の問題ではないと考えています。一部の人にとっては、「飲酒すると人生に何が起こるのか」という質問のほうが適切です。世界的に有名なアルコール専門家であるマーク・ゴールド医学博士は、アルコール依存症の人は飲酒を中心に「生活を整える」と述べています。これは多くの場合、他の優先事項を犠牲にしています。

酔っぱらうことは、誰の判断力や行動にも悪影響を及ぼす可能性があります。ほとんどの人にとって、飲酒が自分の価値観や道徳観と相容れない場合、その結果生じる罪悪感や後悔は警鐘となります。これらのつらい感情は、行動の良い変化につながるはずです。たとえば、若い男性がディナー パーティーで飲み過ぎて友人の妻と浮気をした場合、彼は後悔と恥を感じるはずです。このような状況では、ほとんどの男性は飲酒を控えるか、飲酒をやめることを決意するでしょう。しかし、アルコール使用障害のある人は言い訳をして、飲酒が自分の判断力を損なったことを認めようとしない場合があります。悪い結果にもかかわらず飲酒を続けることは、深刻なアルコール問題の明らかな兆候です。

ボトムライン

飲酒があなたの生活に葛藤を引き起こしているなら、友人や信頼できる人に相談してください。飲酒しているときのあなたをどう見ているか聞いてみてください。助けが必要な場合は、助けを求めてください。かかりつけの医師、地域の精神保健従事者、またはアルコール依存症者匿名会 (AA) から始めるのが良いでしょう。

Drew Edwards、MS、Ed.D.

米国とカナダでは、アルコールの過剰摂取が増加しています。あらゆる人種、社会、民族グループの人々、そしてあらゆる年齢層の男女が危険にさらされています。簡単に言えば、アルコールの過剰摂取は誰にでも起こり得るのです。

しかし、特定の人が他の人よりも問題を抱えやすいリスク要因がいくつかあります。アルコール使用障害(主に男性)、うつ病、不安症の家族歴がある人は、アルコールを過剰に摂取する可能性が高くなります。また、頻繁に飲酒する大人の元で育った子供は、アルコールを過剰に摂取する可能性が高くなります。飲酒する人の元で育たなかった子供は、飲酒の問題を抱える可能性が低くなります。

社会的受容

過去30年間で、アルコールの使用はより一般的になってきました。かつては、飲酒は結婚式や休日、成功や記念日を祝うなどの特別なイベントに限られていました。酔うことは好ましくありませんでした。今日では、多くの人はイベントまで飲酒を待たず、酔うことを楽しい時間と同じだと考えています。多くの若者は、飲酒は 楽しむ方法。

適度な飲酒とは?

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 米国医師会 適度な飲酒を定義しています。健康な男性の場合、12 日のアルコール飲料 1.5 杯までです。健康な女性の場合、XNUMX 日のアルコール飲料 XNUMX 杯までです。XNUMX 杯とは、XNUMX オンスの缶ビール、XNUMX オンスのワイン、または XNUMX オンスの強い酒と定義されています。

特定の人々は飲酒を避けるべきであることに留意してください。そのような人々とは、妊婦、機械を操作する人、特定の薬を服用している人、21 歳未満の人などです。

アルコール使用障害の定義

アルコール使用障害にはさまざまな定義があります。過剰摂取を、飲酒量や飲酒頻度で定義する人もいます。もう 1 つの方法は、飲酒の結果として人生に何が起こるかを見ることです。有害な結果につながるのは飲酒のパターンです。

アルコール使用障害の兆候

  • 酔っている
  • 飲酒について嘘をつく
  • 家族の活動への関心の欠如
  • 気分のむら
  • 悲しみ、怒り、緊張を感じすぎる
  • 飲酒に関する家族との対立
  • やめたり減らしたりしようとして失敗した
  • 仕事のパフォーマンスが低い、遅刻や欠勤が多い
  • 学生にとっては、成績と出席率の低下
  • 交通違反切符、飲酒運転、飲酒関連行為による逮捕などの法的問題
  • 道徳的判断力の欠如、性的な行動の乱れ、不正行為、危険な行為、強引な行為、暴力的な行為

アルコール使用障害とは何ですか?

多くの人は適度に飲酒し、問題を起こすことはありません。しかし、飲酒が生活の大きな部分を占める人もいます。アルコール使用障害には、飲酒に対する高い耐性と、飲酒を控えている期間の禁断症状が含まれます。アルコール使用障害を持つ典型的な人は、禁断症状が出ないように十分な頻度で飲酒します。

しかし、多くの専門家は、アルコール使用障害は単に耐性や身体的依存、あるいは飲酒量や頻度の問題ではないと考えています。一部の人にとっては、「飲酒すると人生に何が起こるのか」という質問のほうが適切です。世界的に有名なアルコール専門家であるマーク・ゴールド医学博士は、アルコール依存症の人は飲酒を中心に「生活を整える」と述べています。これは多くの場合、他の優先事項を犠牲にしています。

酔っぱらうことは、誰の判断力や行動にも悪影響を及ぼす可能性があります。ほとんどの人にとって、飲酒が自分の価値観や道徳観と相容れない場合、その結果生じる罪悪感や後悔は警鐘となります。これらのつらい感情は、行動の良い変化につながるはずです。たとえば、若い男性がディナー パーティーで飲み過ぎて友人の妻と浮気をした場合、彼は後悔と恥を感じるはずです。このような状況では、ほとんどの男性は飲酒を控えるか、飲酒をやめることを決意するでしょう。しかし、アルコール使用障害のある人は言い訳をして、飲酒が自分の判断力を損なったことを認めようとしない場合があります。悪い結果にもかかわらず飲酒を続けることは、深刻なアルコール問題の明らかな兆候です。

ボトムライン

飲酒があなたの生活に葛藤を引き起こしているなら、友人や信頼できる人に相談してください。飲酒しているときのあなたをどう見ているか聞いてみてください。助けが必要な場合は、助けを求めてください。かかりつけの医師、地域の精神保健従事者、またはアルコール依存症者匿名会 (AA) から始めるのが良いでしょう。

Drew Edwards、MS、Ed.D.

米国とカナダでは、アルコールの過剰摂取が増加しています。あらゆる人種、社会、民族グループの人々、そしてあらゆる年齢層の男女が危険にさらされています。簡単に言えば、アルコールの過剰摂取は誰にでも起こり得るのです。

しかし、特定の人が他の人よりも問題を抱えやすいリスク要因がいくつかあります。アルコール使用障害(主に男性)、うつ病、不安症の家族歴がある人は、アルコールを過剰に摂取する可能性が高くなります。また、頻繁に飲酒する大人の元で育った子供は、アルコールを過剰に摂取する可能性が高くなります。飲酒する人の元で育たなかった子供は、飲酒の問題を抱える可能性が低くなります。

社会的受容

過去30年間で、アルコールの使用はより一般的になってきました。かつては、飲酒は結婚式や休日、成功や記念日を祝うなどの特別なイベントに限られていました。酔うことは好ましくありませんでした。今日では、多くの人はイベントまで飲酒を待たず、酔うことを楽しい時間と同じだと考えています。多くの若者は、飲酒は 楽しむ方法。

適度な飲酒とは?

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 米国医師会 適度な飲酒を定義しています。健康な男性の場合、12 日のアルコール飲料 1.5 杯までです。健康な女性の場合、XNUMX 日のアルコール飲料 XNUMX 杯までです。XNUMX 杯とは、XNUMX オンスの缶ビール、XNUMX オンスのワイン、または XNUMX オンスの強い酒と定義されています。

特定の人々は飲酒を避けるべきであることに留意してください。そのような人々とは、妊婦、機械を操作する人、特定の薬を服用している人、21 歳未満の人などです。

アルコール使用障害の定義

アルコール使用障害にはさまざまな定義があります。過剰摂取を、飲酒量や飲酒頻度で定義する人もいます。もう 1 つの方法は、飲酒の結果として人生に何が起こるかを見ることです。有害な結果につながるのは飲酒のパターンです。

アルコール使用障害の兆候

  • 酔っている
  • 飲酒について嘘をつく
  • 家族の活動への関心の欠如
  • 気分のむら
  • 悲しみ、怒り、緊張を感じすぎる
  • 飲酒に関する家族との対立
  • やめたり減らしたりしようとして失敗した
  • 仕事のパフォーマンスが低い、遅刻や欠勤が多い
  • 学生にとっては、成績と出席率の低下
  • 交通違反切符、飲酒運転、飲酒関連行為による逮捕などの法的問題
  • 道徳的判断力の欠如、性的な行動の乱れ、不正行為、危険な行為、強引な行為、暴力的な行為

アルコール使用障害とは何ですか?

多くの人は適度に飲酒し、問題を起こすことはありません。しかし、飲酒が生活の大きな部分を占める人もいます。アルコール使用障害には、飲酒に対する高い耐性と、飲酒を控えている期間の禁断症状が含まれます。アルコール使用障害を持つ典型的な人は、禁断症状が出ないように十分な頻度で飲酒します。

しかし、多くの専門家は、アルコール使用障害は単に耐性や身体的依存、あるいは飲酒量や頻度の問題ではないと考えています。一部の人にとっては、「飲酒すると人生に何が起こるのか」という質問のほうが適切です。世界的に有名なアルコール専門家であるマーク・ゴールド医学博士は、アルコール依存症の人は飲酒を中心に「生活を整える」と述べています。これは多くの場合、他の優先事項を犠牲にしています。

酔っぱらうことは、誰の判断力や行動にも悪影響を及ぼす可能性があります。ほとんどの人にとって、飲酒が自分の価値観や道徳観と相容れない場合、その結果生じる罪悪感や後悔は警鐘となります。これらのつらい感情は、行動の良い変化につながるはずです。たとえば、若い男性がディナー パーティーで飲み過ぎて友人の妻と浮気をした場合、彼は後悔と恥を感じるはずです。このような状況では、ほとんどの男性は飲酒を控えるか、飲酒をやめることを決意するでしょう。しかし、アルコール使用障害のある人は言い訳をして、飲酒が自分の判断力を損なったことを認めようとしない場合があります。悪い結果にもかかわらず飲酒を続けることは、深刻なアルコール問題の明らかな兆候です。

ボトムライン

飲酒があなたの生活に葛藤を引き起こしているなら、友人や信頼できる人に相談してください。飲酒しているときのあなたをどう見ているか聞いてみてください。助けが必要な場合は、助けを求めてください。かかりつけの医師、地域の精神保健従事者、またはアルコール依存症者匿名会 (AA) から始めるのが良いでしょう。

Drew Edwards、MS、Ed.D.

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、医療、ヘルスケア、精神医学、心理学、または行動のヘルスケアアドバイスとして扱われるべきではありません。 に何も含まれていません Achieve Solutions このサイトは、医療診断または治療のために、または資格のある医療専門家との相談の代わりとして使用することを目的としています。 の操作に関する質問を直接お願いします Achieve Solutions サイトに Webフィードバック. 健康に不安のある方は、かかりつけの医療機関にご相談ください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。