アルコール中毒:致命的で深刻

25年2021月XNUMX日に投稿しました

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

まとめ

人の体を中毒させるのにかかる時間とアルコールの量は、体重や体格、アルコールに対する耐性、飲み物を飲む速さ、飲んでいるアルコールの種類によって異なります。

私たちの多くは、アルコールとその影響についてよく知っています。一度や二度は、一杯、あるいは多量に飲んだだけで、あなたやあなたの知り合いが、幸せな気分になったり、浮かれた気分になったり、気ままになったり、リラックスしたり、疲れたり、落ち込んだり、病気になったりしたことがあるかもしれません。

幸いなことに、アルコール中毒の影響を直接体験する人はほとんどいません。他の薬物と同様に、アルコールは、過剰に摂取したり、体が安全に処理できる量を超えて摂取したりすると、有毒、または中毒性になる可能性があります。

アルコール中毒、つまりアルコールの過剰摂取は、短期間に大量のアルコールを摂取することで起こります。「ビンジ ドリンキング」としても知られるこの習慣は、全国の大学のキャンパスで依然として大きな問題となっています。研究や調査の結果はさまざまですが、大学生の約 5 人に 2 人は少なくとも 1 回はビンジ ドリンキングを経験したことがあると推定されています。

身体に毒を及ぼすのに必要な時間とアルコールの量は、体重や体格、アルコール耐性、飲み物を飲む速さや飲むアルコールの種類、疲労やストレスの程度、飲酒前に食べたかどうか、食べた場合の量などによって異なります。過度の飲酒者は、通常、酔う目的で一度に 5 杯以上の標準的なアルコール飲料を飲みます。

アルコール摂取量が身体の限界を超えると、人は意識を失うことがあります。アルコールの量が多すぎると、脳の呼吸制御能力が妨げられます。アルコール中毒の人は、昏睡状態に陥ったり、窒息したり、食べ物や自分の嘔吐物で窒息して死亡したりすることがあります。したがって、アルコール中毒は、他の種類の中毒と同様に、常に医療上の緊急事態として扱われるべきです。

アルコール中毒かどうかはどうすればわかりますか?

誰かが少し飲み過ぎたのか、それとも実際にアルコール中毒になったのかわからない場合はどうすればよいでしょうか? アルコール過剰摂取の次のような症状を探してください。

  • 呼吸が遅い、または不規則(10分間の呼吸数がXNUMX回未満、または呼吸間隔がXNUMX秒以上)
  • 冷たい、青白い、または青みがかった肌
  • 急速な脈拍
  • 起きているときや眠っているときに嘔吐する
  • 話しかけられたり、突っついたり、つねられたりしても反応しない
  • 半意識または無意識

飲酒により意識を失ったように見える人がいたら、深刻に受け止めてください。ただ「寝ているだけ」だと決めつけないでください。その人を起こせなかったり、反応がない場合は、すぐに医療援助を要請してください。命を救うことができるかもしれません。

助けを待っている間、患者を一人にしないでください。嘔吐した場合に窒息しないように、患者の近くにいて横向きにしてください。また、呼吸を監視し、呼吸が止まった場合は口対口の人工呼吸器を使用してください。何か食べたり飲んだりして患者の酔いを覚まそうとしないでください。

アルコール中毒を避ける最善の方法は、飲酒量をコントロールすることです。飲酒する場合は、自分の限度を知り、ペースを守ってください。空腹時に飲みすぎたり、暴飲したりしないでください。自分や友人が飲酒問題を抱えていると思われる場合は、問題を認め、手遅れになる前に助けを求めてください。

アン・ライト著
出典:国立大学のアルコール研究で、頻繁に飲酒する人の大幅な増加が判明、ハーバード公衆衛生大学院

まとめ

人の体を中毒させるのにかかる時間とアルコールの量は、体重や体格、アルコールに対する耐性、飲み物を飲む速さ、飲んでいるアルコールの種類によって異なります。

私たちの多くは、アルコールとその影響についてよく知っています。一度や二度は、一杯、あるいは多量に飲んだだけで、あなたやあなたの知り合いが、幸せな気分になったり、浮かれた気分になったり、気ままになったり、リラックスしたり、疲れたり、落ち込んだり、病気になったりしたことがあるかもしれません。

幸いなことに、アルコール中毒の影響を直接体験する人はほとんどいません。他の薬物と同様に、アルコールは、過剰に摂取したり、体が安全に処理できる量を超えて摂取したりすると、有毒、または中毒性になる可能性があります。

アルコール中毒、つまりアルコールの過剰摂取は、短期間に大量のアルコールを摂取することで起こります。「ビンジ ドリンキング」としても知られるこの習慣は、全国の大学のキャンパスで依然として大きな問題となっています。研究や調査の結果はさまざまですが、大学生の約 5 人に 2 人は少なくとも 1 回はビンジ ドリンキングを経験したことがあると推定されています。

身体に毒を及ぼすのに必要な時間とアルコールの量は、体重や体格、アルコール耐性、飲み物を飲む速さや飲むアルコールの種類、疲労やストレスの程度、飲酒前に食べたかどうか、食べた場合の量などによって異なります。過度の飲酒者は、通常、酔う目的で一度に 5 杯以上の標準的なアルコール飲料を飲みます。

アルコール摂取量が身体の限界を超えると、人は意識を失うことがあります。アルコールの量が多すぎると、脳の呼吸制御能力が妨げられます。アルコール中毒の人は、昏睡状態に陥ったり、窒息したり、食べ物や自分の嘔吐物で窒息して死亡したりすることがあります。したがって、アルコール中毒は、他の種類の中毒と同様に、常に医療上の緊急事態として扱われるべきです。

アルコール中毒かどうかはどうすればわかりますか?

誰かが少し飲み過ぎたのか、それとも実際にアルコール中毒になったのかわからない場合はどうすればよいでしょうか? アルコール過剰摂取の次のような症状を探してください。

  • 呼吸が遅い、または不規則(10分間の呼吸数がXNUMX回未満、または呼吸間隔がXNUMX秒以上)
  • 冷たい、青白い、または青みがかった肌
  • 急速な脈拍
  • 起きているときや眠っているときに嘔吐する
  • 話しかけられたり、突っついたり、つねられたりしても反応しない
  • 半意識または無意識

飲酒により意識を失ったように見える人がいたら、深刻に受け止めてください。ただ「寝ているだけ」だと決めつけないでください。その人を起こせなかったり、反応がない場合は、すぐに医療援助を要請してください。命を救うことができるかもしれません。

助けを待っている間、患者を一人にしないでください。嘔吐した場合に窒息しないように、患者の近くにいて横向きにしてください。また、呼吸を監視し、呼吸が止まった場合は口対口の人工呼吸器を使用してください。何か食べたり飲んだりして患者の酔いを覚まそうとしないでください。

アルコール中毒を避ける最善の方法は、飲酒量をコントロールすることです。飲酒する場合は、自分の限度を知り、ペースを守ってください。空腹時に飲みすぎたり、暴飲したりしないでください。自分や友人が飲酒問題を抱えていると思われる場合は、問題を認め、手遅れになる前に助けを求めてください。

アン・ライト著
出典:国立大学のアルコール研究で、頻繁に飲酒する人の大幅な増加が判明、ハーバード公衆衛生大学院

まとめ

人の体を中毒させるのにかかる時間とアルコールの量は、体重や体格、アルコールに対する耐性、飲み物を飲む速さ、飲んでいるアルコールの種類によって異なります。

私たちの多くは、アルコールとその影響についてよく知っています。一度や二度は、一杯、あるいは多量に飲んだだけで、あなたやあなたの知り合いが、幸せな気分になったり、浮かれた気分になったり、気ままになったり、リラックスしたり、疲れたり、落ち込んだり、病気になったりしたことがあるかもしれません。

幸いなことに、アルコール中毒の影響を直接体験する人はほとんどいません。他の薬物と同様に、アルコールは、過剰に摂取したり、体が安全に処理できる量を超えて摂取したりすると、有毒、または中毒性になる可能性があります。

アルコール中毒、つまりアルコールの過剰摂取は、短期間に大量のアルコールを摂取することで起こります。「ビンジ ドリンキング」としても知られるこの習慣は、全国の大学のキャンパスで依然として大きな問題となっています。研究や調査の結果はさまざまですが、大学生の約 5 人に 2 人は少なくとも 1 回はビンジ ドリンキングを経験したことがあると推定されています。

身体に毒を及ぼすのに必要な時間とアルコールの量は、体重や体格、アルコール耐性、飲み物を飲む速さや飲むアルコールの種類、疲労やストレスの程度、飲酒前に食べたかどうか、食べた場合の量などによって異なります。過度の飲酒者は、通常、酔う目的で一度に 5 杯以上の標準的なアルコール飲料を飲みます。

アルコール摂取量が身体の限界を超えると、人は意識を失うことがあります。アルコールの量が多すぎると、脳の呼吸制御能力が妨げられます。アルコール中毒の人は、昏睡状態に陥ったり、窒息したり、食べ物や自分の嘔吐物で窒息して死亡したりすることがあります。したがって、アルコール中毒は、他の種類の中毒と同様に、常に医療上の緊急事態として扱われるべきです。

アルコール中毒かどうかはどうすればわかりますか?

誰かが少し飲み過ぎたのか、それとも実際にアルコール中毒になったのかわからない場合はどうすればよいでしょうか? アルコール過剰摂取の次のような症状を探してください。

  • 呼吸が遅い、または不規則(10分間の呼吸数がXNUMX回未満、または呼吸間隔がXNUMX秒以上)
  • 冷たい、青白い、または青みがかった肌
  • 急速な脈拍
  • 起きているときや眠っているときに嘔吐する
  • 話しかけられたり、突っついたり、つねられたりしても反応しない
  • 半意識または無意識

飲酒により意識を失ったように見える人がいたら、深刻に受け止めてください。ただ「寝ているだけ」だと決めつけないでください。その人を起こせなかったり、反応がない場合は、すぐに医療援助を要請してください。命を救うことができるかもしれません。

助けを待っている間、患者を一人にしないでください。嘔吐した場合に窒息しないように、患者の近くにいて横向きにしてください。また、呼吸を監視し、呼吸が止まった場合は口対口の人工呼吸器を使用してください。何か食べたり飲んだりして患者の酔いを覚まそうとしないでください。

アルコール中毒を避ける最善の方法は、飲酒量をコントロールすることです。飲酒する場合は、自分の限度を知り、ペースを守ってください。空腹時に飲みすぎたり、暴飲したりしないでください。自分や友人が飲酒問題を抱えていると思われる場合は、問題を認め、手遅れになる前に助けを求めてください。

アン・ライト著
出典:国立大学のアルコール研究で、頻繁に飲酒する人の大幅な増加が判明、ハーバード公衆衛生大学院

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、医療、ヘルスケア、精神医学、心理学、または行動のヘルスケアアドバイスとして扱われるべきではありません。 に何も含まれていません Achieve Solutions このサイトは、医療診断または治療のために、または資格のある医療専門家との相談の代わりとして使用することを目的としています。 の操作に関する質問を直接お願いします Achieve Solutions サイトに Webフィードバック. 健康に不安のある方は、かかりつけの医療機関にご相談ください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。