PTSD: 治療と助けの求め方

20年2017月XNUMX日に投稿しました

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

まとめ

  • PTSD を治療する方法は数多くあり、治療コースではそれらの方法をいくつか組み合わせることもあります。
  • 自助努力により、PTSD への対処が容易になります。
  • 薬は症状を緩和することはできますが、PTSDの原因を治すことはできません。

心的外傷後ストレス障害 (PTSD) を治す「魔法の薬」はありません。治療法にはさまざまな形があり、最良の方法でさえも必ずしもトラウマの影響をすべて消し去ることはできません。つらい記憶は消えません。しかし、治療がうまくいけば、それらの記憶が思考や生活に支障をきたすことはなくなります。自分に合った治療計画に取り組めば、回復は可能であるだけでなく、回復する可能性も高くなります。

さまざまな PTSD 治療は、基本的に同じ目標を目指しています。つまり、トラウマの記憶を適切な場所に置くことです。PTSD では、これらの記憶は「分離」されます。つまり、「関連する」精神的内容、つまり長期記憶から切り離されます。そのため、トラウマがまだ現在にあるかのように、再び体験するのです。

PTSD 治療は思考と感情に焦点を当てていますが、身体は依然として影響を受けている可能性があります。たとえば、身体的な「闘争・逃走」反応を依然として感じ続けるかもしれません。身体が、辛い記憶に対処するために必要な心の平静を奪っているのかもしれません。リラクゼーション療法、ヨガ、瞑想が役立つかもしれません。薬物療法も PTSD の症状を治療できますが、根本的な原因を治療することはできません。

「優れた治療法はひとつだけではない」と心理学者で作家のグレン・シラルディ氏は言う。「治療法のツールキットがあり、その組み合わせが確実に役立つだろう。」

その「ツールキット」の中で最も広く使用されている治療法は次のとおりです。

認知行動療法(CBT) トラウマに対する考え方を変えるのを助けることを目的としています。CBTの1つのタイプでは、 認知処理療法(CPT)、あなたは自分の話をし、セラピストはそれが現実を歪める方法を探します。PTSD の人はしばしば罪悪感を感じたり、その出来事は自分のせいだと誤って信じたりします。兵士は「戦闘中に仲間を死なせてしまった」と言うかもしれません。レイプされた女性は「服装が悪かった」と自分に言い聞かせるかもしれません。認知処理では、セラピストはこのような考えに異議を唱えます。

国立PTSDセンターはCPTを4つの部分に分けています。

  • PTSDの症状と治療がどのように役立つかを学ぶ
  • 思考や感情に気づく
  • 自分の考えや感情をテストするスキルを学ぶ
  • トラウマ後に起こる信念の変化を理解する。

長期暴露(PE)。 PE は「恐れていることと向き合う」ことで効果を発揮するとシラルディ氏は言います。PE では、トラウマ的な出来事をできるだけ詳細に思い出します。その後、その出来事を語り直し、語るたびに詳細を掘り下げます。同時に、リラックスして感情をコントロールするスキルも身につきます。トラウマのために安全な状況を避けている場合、PE は再びその状況に入る手助けをします。これを生体内暴露と呼びます。

眼球運動の鈍感化および再処理(EMDR) 脳に働きかけて、つらい記憶に対処できるようにします。この療法では、セラピストが手を前後に動かすのを見ながら、トラウマについて話します。目の動きが脳の活動を刺激し、記憶を処理して、不安を和らげます。すると、過去についてより明確に、冷静に考えることができるようになります。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) 薬はPTSDの治療薬ではありませんが、症状の治療に役立つものもあります。SSRIは脳内のセロトニン濃度を上昇させることで気分を良くします。その2つ、ゾロフト® パキシル®は、PTSDの治療薬として米国食品医薬品局により成人向けに承認されている。プラゾシン(ミニプレス)は悪夢を鎮め、安らかな睡眠を促すのに役立つ。国立PTSDセンターは、ザナックスなどのベンゾジアゼピン系薬剤に対して警告している。® およびバリウム®これらの抗不安薬はPTSDの根本的な症状を治療するものではありません。また、依存性がある可能性もあります。

上記の治療法は十分に確立されています。他の方法は実績は少ないですが、多くの人に効果があるかもしれません。これには以下が含まれます。 家族療法 および グループ療法もう一つは 短期精神力動的療法トラウマに関連する感情的な葛藤に対処する方法と、過去が現在の感情をどのように変えるかを学ぶことに焦点を当てています。

これらの治療とトラウマセラピストの診察に加えて、自分で何かできることはないでしょうか? 答えは「はい」です。専門家が推奨するセルフヘルプの手順 (およびアプリ) を以下に示します。

  • ライフスタイルを変える。 運動を始めましょう。トラウマを経験した他の人たちを探しましょう。仲間同士のサポートから恩恵を受ける人はたくさんいます。飲酒や薬物使用は控えましょう。人間関係に取り組んでください。トラウマから何か意味のあるものを生み出す方法を探しましょう。
  • マインドフルネス。 日々の経験とそれがあなたにどのような気持ちをもたらすかに注意を払ってください。自分の考えや感情を、判断せずに受け入れてください。このような習慣は、PTSD の重要な部分である不安を和らげるのに役立つことがわかっています。無料の Mindfulness Coach アプリは iTunes から入手できます。詳細については、以下の「リソース」を参照してください。
  • ピアサポートグループに参加する。 これらのグループでは、トラウマを経験した他の人々と自分の問題について話し合うことができます。仲間と話すことで PTSD の症状が軽減され、他の面でも生活が楽になります。PTSD 治療中または治療後に、このようなグループに参加してみるのもよいでしょう。
  • 犬を飼うこと。 犬は楽しい存在で、ストレスを軽減し、愛情を引き出してくれます。また、よく訓練されていれば命令に従うので、軍隊で命令することに慣れている軍人にとっては役に立つでしょう。
  • PTSDコーチ。 このアプリは、国立PTSDセンターと米国国防総省の国立遠隔医療技術センターが共同で開発しました。PTSDに関する事実と効果的な治療法、症状のスクリーニングと追跡ツール、ストレス症状に対処するツール、サポートへのリンクを提供します。iPhone版とAndroid版の両方があります。

自助は良い考えですが、できるだけ早く、薬物療法の有無にかかわらずトラウマ治療を受けることが重要です。研究によると、早期介入が最良の結果をもたらすことが分かっています。

危機的状況にある場合は、911 に電話するか、病院の緊急治療室を受診してください。または、自殺防止ライフライン (1-800-273-8255) または退役軍人危機ライン (1-800-273-8255) に電話する必要があるかもしれません。セラピストを見つけるには、かかりつけの医師など、すでに知っている医療提供者に相談することから始めるとよいでしょう。家族や友人が助けてくれるかもしれません。健康保険に加入している場合は、保険会社に連絡して、どの医療提供者に保険金が支払われるかを確認してください。退役軍人は、どの VA 医療センターでも支援を受けることができます。

セラピストを見つけるのに役立つウェブサイトは数多くあります。(以下の「リソース」を参照してください)。トラウマの治療を専門とするセラピストを探すことを覚えておいてください。また、治療の選択肢をすべて把握し、十分な情報に基づいて選択できるよう説明してくれるセラピストを探すことも必要です。

リソース

オンライン:

米国退役軍人省の研究機関である国立PTSDセンターには、PTSDに関する情報が満載です(退役軍人だけのためのものではありません)。ホームページは www.ptsd.va.gov特に興味深いページは次のとおりです。

「PTSD治療を理解する」: 詳しくはこちら

治療に関するPDF小冊子: (英語)

「どこで助けを得るか」: ヘルプが必要な場合は、www.ptsd.va.gov/public/where-to-get-help.asp

マインドフルネスに関する情報: 翻訳: 翻訳依頼

セラピストを見つけるのに役立つウェブサイトのリストについては、「インターネットを使用してプロバイダーを見つける」をご覧ください。 翻訳: 翻訳依頼

国立衛生研究所の心的外傷後ストレス障害ファクトシート(http://report.nih.gov/NIHfactsheets/Pdfs/PostTraumaticStressDisorder(NIMH).pdf) は、新しい治療法に関する情報を得るための優れた情報源です。

洋書:

心的外傷後ストレス障害のソースブック、第2版、Glenn R. Schiraldi博士著、McGraw Hill、2011年。

身体はスコアを記録する:トラウマの治癒における脳、心、身体 ベッセル・ファン・デル・コルク著。ヴァイキング、2014年。

トム・グレイ
出典: 国立PTSDセンター、グレン・シラルディ博士、国立衛生研究所、チャールズ・ラルソン医学博士。Psych Congress、16年19月2017日~XNUMX日、ルイジアナ州ニューオーリンズ
Cynthia Scott, MD, Physician Advisor によるレビュー、 Beacon Health Options

まとめ

  • PTSD を治療する方法は数多くあり、治療コースではそれらの方法をいくつか組み合わせることもあります。
  • 自助努力により、PTSD への対処が容易になります。
  • 薬は症状を緩和することはできますが、PTSDの原因を治すことはできません。

心的外傷後ストレス障害 (PTSD) を治す「魔法の薬」はありません。治療法にはさまざまな形があり、最良の方法でさえも必ずしもトラウマの影響をすべて消し去ることはできません。つらい記憶は消えません。しかし、治療がうまくいけば、それらの記憶が思考や生活に支障をきたすことはなくなります。自分に合った治療計画に取り組めば、回復は可能であるだけでなく、回復する可能性も高くなります。

さまざまな PTSD 治療は、基本的に同じ目標を目指しています。つまり、トラウマの記憶を適切な場所に置くことです。PTSD では、これらの記憶は「分離」されます。つまり、「関連する」精神的内容、つまり長期記憶から切り離されます。そのため、トラウマがまだ現在にあるかのように、再び体験するのです。

PTSD 治療は思考と感情に焦点を当てていますが、身体は依然として影響を受けている可能性があります。たとえば、身体的な「闘争・逃走」反応を依然として感じ続けるかもしれません。身体が、辛い記憶に対処するために必要な心の平静を奪っているのかもしれません。リラクゼーション療法、ヨガ、瞑想が役立つかもしれません。薬物療法も PTSD の症状を治療できますが、根本的な原因を治療することはできません。

「優れた治療法はひとつだけではない」と心理学者で作家のグレン・シラルディ氏は言う。「治療法のツールキットがあり、その組み合わせが確実に役立つだろう。」

その「ツールキット」の中で最も広く使用されている治療法は次のとおりです。

認知行動療法(CBT) トラウマに対する考え方を変えるのを助けることを目的としています。CBTの1つのタイプでは、 認知処理療法(CPT)、あなたは自分の話をし、セラピストはそれが現実を歪める方法を探します。PTSD の人はしばしば罪悪感を感じたり、その出来事は自分のせいだと誤って信じたりします。兵士は「戦闘中に仲間を死なせてしまった」と言うかもしれません。レイプされた女性は「服装が悪かった」と自分に言い聞かせるかもしれません。認知処理では、セラピストはこのような考えに異議を唱えます。

国立PTSDセンターはCPTを4つの部分に分けています。

  • PTSDの症状と治療がどのように役立つかを学ぶ
  • 思考や感情に気づく
  • 自分の考えや感情をテストするスキルを学ぶ
  • トラウマ後に起こる信念の変化を理解する。

長期暴露(PE)。 PE は「恐れていることと向き合う」ことで効果を発揮するとシラルディ氏は言います。PE では、トラウマ的な出来事をできるだけ詳細に思い出します。その後、その出来事を語り直し、語るたびに詳細を掘り下げます。同時に、リラックスして感情をコントロールするスキルも身につきます。トラウマのために安全な状況を避けている場合、PE は再びその状況に入る手助けをします。これを生体内暴露と呼びます。

眼球運動の鈍感化および再処理(EMDR) 脳に働きかけて、つらい記憶に対処できるようにします。この療法では、セラピストが手を前後に動かすのを見ながら、トラウマについて話します。目の動きが脳の活動を刺激し、記憶を処理して、不安を和らげます。すると、過去についてより明確に、冷静に考えることができるようになります。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) 薬はPTSDの治療薬ではありませんが、症状の治療に役立つものもあります。SSRIは脳内のセロトニン濃度を上昇させることで気分を良くします。その2つ、ゾロフト® パキシル®は、PTSDの治療薬として米国食品医薬品局により成人向けに承認されている。プラゾシン(ミニプレス)は悪夢を鎮め、安らかな睡眠を促すのに役立つ。国立PTSDセンターは、ザナックスなどのベンゾジアゼピン系薬剤に対して警告している。® およびバリウム®これらの抗不安薬はPTSDの根本的な症状を治療するものではありません。また、依存性がある可能性もあります。

上記の治療法は十分に確立されています。他の方法は実績は少ないですが、多くの人に効果があるかもしれません。これには以下が含まれます。 家族療法 および グループ療法もう一つは 短期精神力動的療法トラウマに関連する感情的な葛藤に対処する方法と、過去が現在の感情をどのように変えるかを学ぶことに焦点を当てています。

これらの治療とトラウマセラピストの診察に加えて、自分で何かできることはないでしょうか? 答えは「はい」です。専門家が推奨するセルフヘルプの手順 (およびアプリ) を以下に示します。

  • ライフスタイルを変える。 運動を始めましょう。トラウマを経験した他の人たちを探しましょう。仲間同士のサポートから恩恵を受ける人はたくさんいます。飲酒や薬物使用は控えましょう。人間関係に取り組んでください。トラウマから何か意味のあるものを生み出す方法を探しましょう。
  • マインドフルネス。 日々の経験とそれがあなたにどのような気持ちをもたらすかに注意を払ってください。自分の考えや感情を、判断せずに受け入れてください。このような習慣は、PTSD の重要な部分である不安を和らげるのに役立つことがわかっています。無料の Mindfulness Coach アプリは iTunes から入手できます。詳細については、以下の「リソース」を参照してください。
  • ピアサポートグループに参加する。 これらのグループでは、トラウマを経験した他の人々と自分の問題について話し合うことができます。仲間と話すことで PTSD の症状が軽減され、他の面でも生活が楽になります。PTSD 治療中または治療後に、このようなグループに参加してみるのもよいでしょう。
  • 犬を飼うこと。 犬は楽しい存在で、ストレスを軽減し、愛情を引き出してくれます。また、よく訓練されていれば命令に従うので、軍隊で命令することに慣れている軍人にとっては役に立つでしょう。
  • PTSDコーチ。 このアプリは、国立PTSDセンターと米国国防総省の国立遠隔医療技術センターが共同で開発しました。PTSDに関する事実と効果的な治療法、症状のスクリーニングと追跡ツール、ストレス症状に対処するツール、サポートへのリンクを提供します。iPhone版とAndroid版の両方があります。

自助は良い考えですが、できるだけ早く、薬物療法の有無にかかわらずトラウマ治療を受けることが重要です。研究によると、早期介入が最良の結果をもたらすことが分かっています。

危機的状況にある場合は、911 に電話するか、病院の緊急治療室を受診してください。または、自殺防止ライフライン (1-800-273-8255) または退役軍人危機ライン (1-800-273-8255) に電話する必要があるかもしれません。セラピストを見つけるには、かかりつけの医師など、すでに知っている医療提供者に相談することから始めるとよいでしょう。家族や友人が助けてくれるかもしれません。健康保険に加入している場合は、保険会社に連絡して、どの医療提供者に保険金が支払われるかを確認してください。退役軍人は、どの VA 医療センターでも支援を受けることができます。

セラピストを見つけるのに役立つウェブサイトは数多くあります。(以下の「リソース」を参照してください)。トラウマの治療を専門とするセラピストを探すことを覚えておいてください。また、治療の選択肢をすべて把握し、十分な情報に基づいて選択できるよう説明してくれるセラピストを探すことも必要です。

リソース

オンライン:

米国退役軍人省の研究機関である国立PTSDセンターには、PTSDに関する情報が満載です(退役軍人だけのためのものではありません)。ホームページは www.ptsd.va.gov特に興味深いページは次のとおりです。

「PTSD治療を理解する」: 詳しくはこちら

治療に関するPDF小冊子: (英語)

「どこで助けを得るか」: ヘルプが必要な場合は、www.ptsd.va.gov/public/where-to-get-help.asp

マインドフルネスに関する情報: 翻訳: 翻訳依頼

セラピストを見つけるのに役立つウェブサイトのリストについては、「インターネットを使用してプロバイダーを見つける」をご覧ください。 翻訳: 翻訳依頼

国立衛生研究所の心的外傷後ストレス障害ファクトシート(http://report.nih.gov/NIHfactsheets/Pdfs/PostTraumaticStressDisorder(NIMH).pdf) は、新しい治療法に関する情報を得るための優れた情報源です。

洋書:

心的外傷後ストレス障害のソースブック、第2版、Glenn R. Schiraldi博士著、McGraw Hill、2011年。

身体はスコアを記録する:トラウマの治癒における脳、心、身体 ベッセル・ファン・デル・コルク著。ヴァイキング、2014年。

トム・グレイ
出典: 国立PTSDセンター、グレン・シラルディ博士、国立衛生研究所、チャールズ・ラルソン医学博士。Psych Congress、16年19月2017日~XNUMX日、ルイジアナ州ニューオーリンズ
Cynthia Scott, MD, Physician Advisor によるレビュー、 Beacon Health Options

まとめ

  • PTSD を治療する方法は数多くあり、治療コースではそれらの方法をいくつか組み合わせることもあります。
  • 自助努力により、PTSD への対処が容易になります。
  • 薬は症状を緩和することはできますが、PTSDの原因を治すことはできません。

心的外傷後ストレス障害 (PTSD) を治す「魔法の薬」はありません。治療法にはさまざまな形があり、最良の方法でさえも必ずしもトラウマの影響をすべて消し去ることはできません。つらい記憶は消えません。しかし、治療がうまくいけば、それらの記憶が思考や生活に支障をきたすことはなくなります。自分に合った治療計画に取り組めば、回復は可能であるだけでなく、回復する可能性も高くなります。

さまざまな PTSD 治療は、基本的に同じ目標を目指しています。つまり、トラウマの記憶を適切な場所に置くことです。PTSD では、これらの記憶は「分離」されます。つまり、「関連する」精神的内容、つまり長期記憶から切り離されます。そのため、トラウマがまだ現在にあるかのように、再び体験するのです。

PTSD 治療は思考と感情に焦点を当てていますが、身体は依然として影響を受けている可能性があります。たとえば、身体的な「闘争・逃走」反応を依然として感じ続けるかもしれません。身体が、辛い記憶に対処するために必要な心の平静を奪っているのかもしれません。リラクゼーション療法、ヨガ、瞑想が役立つかもしれません。薬物療法も PTSD の症状を治療できますが、根本的な原因を治療することはできません。

「優れた治療法はひとつだけではない」と心理学者で作家のグレン・シラルディ氏は言う。「治療法のツールキットがあり、その組み合わせが確実に役立つだろう。」

その「ツールキット」の中で最も広く使用されている治療法は次のとおりです。

認知行動療法(CBT) トラウマに対する考え方を変えるのを助けることを目的としています。CBTの1つのタイプでは、 認知処理療法(CPT)、あなたは自分の話をし、セラピストはそれが現実を歪める方法を探します。PTSD の人はしばしば罪悪感を感じたり、その出来事は自分のせいだと誤って信じたりします。兵士は「戦闘中に仲間を死なせてしまった」と言うかもしれません。レイプされた女性は「服装が悪かった」と自分に言い聞かせるかもしれません。認知処理では、セラピストはこのような考えに異議を唱えます。

国立PTSDセンターはCPTを4つの部分に分けています。

  • PTSDの症状と治療がどのように役立つかを学ぶ
  • 思考や感情に気づく
  • 自分の考えや感情をテストするスキルを学ぶ
  • トラウマ後に起こる信念の変化を理解する。

長期暴露(PE)。 PE は「恐れていることと向き合う」ことで効果を発揮するとシラルディ氏は言います。PE では、トラウマ的な出来事をできるだけ詳細に思い出します。その後、その出来事を語り直し、語るたびに詳細を掘り下げます。同時に、リラックスして感情をコントロールするスキルも身につきます。トラウマのために安全な状況を避けている場合、PE は再びその状況に入る手助けをします。これを生体内暴露と呼びます。

眼球運動の鈍感化および再処理(EMDR) 脳に働きかけて、つらい記憶に対処できるようにします。この療法では、セラピストが手を前後に動かすのを見ながら、トラウマについて話します。目の動きが脳の活動を刺激し、記憶を処理して、不安を和らげます。すると、過去についてより明確に、冷静に考えることができるようになります。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI) 薬はPTSDの治療薬ではありませんが、症状の治療に役立つものもあります。SSRIは脳内のセロトニン濃度を上昇させることで気分を良くします。その2つ、ゾロフト® パキシル®は、PTSDの治療薬として米国食品医薬品局により成人向けに承認されている。プラゾシン(ミニプレス)は悪夢を鎮め、安らかな睡眠を促すのに役立つ。国立PTSDセンターは、ザナックスなどのベンゾジアゼピン系薬剤に対して警告している。® およびバリウム®これらの抗不安薬はPTSDの根本的な症状を治療するものではありません。また、依存性がある可能性もあります。

上記の治療法は十分に確立されています。他の方法は実績は少ないですが、多くの人に効果があるかもしれません。これには以下が含まれます。 家族療法 および グループ療法もう一つは 短期精神力動的療法トラウマに関連する感情的な葛藤に対処する方法と、過去が現在の感情をどのように変えるかを学ぶことに焦点を当てています。

これらの治療とトラウマセラピストの診察に加えて、自分で何かできることはないでしょうか? 答えは「はい」です。専門家が推奨するセルフヘルプの手順 (およびアプリ) を以下に示します。

  • ライフスタイルを変える。 運動を始めましょう。トラウマを経験した他の人たちを探しましょう。仲間同士のサポートから恩恵を受ける人はたくさんいます。飲酒や薬物使用は控えましょう。人間関係に取り組んでください。トラウマから何か意味のあるものを生み出す方法を探しましょう。
  • マインドフルネス。 日々の経験とそれがあなたにどのような気持ちをもたらすかに注意を払ってください。自分の考えや感情を、判断せずに受け入れてください。このような習慣は、PTSD の重要な部分である不安を和らげるのに役立つことがわかっています。無料の Mindfulness Coach アプリは iTunes から入手できます。詳細については、以下の「リソース」を参照してください。
  • ピアサポートグループに参加する。 これらのグループでは、トラウマを経験した他の人々と自分の問題について話し合うことができます。仲間と話すことで PTSD の症状が軽減され、他の面でも生活が楽になります。PTSD 治療中または治療後に、このようなグループに参加してみるのもよいでしょう。
  • 犬を飼うこと。 犬は楽しい存在で、ストレスを軽減し、愛情を引き出してくれます。また、よく訓練されていれば命令に従うので、軍隊で命令することに慣れている軍人にとっては役に立つでしょう。
  • PTSDコーチ。 このアプリは、国立PTSDセンターと米国国防総省の国立遠隔医療技術センターが共同で開発しました。PTSDに関する事実と効果的な治療法、症状のスクリーニングと追跡ツール、ストレス症状に対処するツール、サポートへのリンクを提供します。iPhone版とAndroid版の両方があります。

自助は良い考えですが、できるだけ早く、薬物療法の有無にかかわらずトラウマ治療を受けることが重要です。研究によると、早期介入が最良の結果をもたらすことが分かっています。

危機的状況にある場合は、911 に電話するか、病院の緊急治療室を受診してください。または、自殺防止ライフライン (1-800-273-8255) または退役軍人危機ライン (1-800-273-8255) に電話する必要があるかもしれません。セラピストを見つけるには、かかりつけの医師など、すでに知っている医療提供者に相談することから始めるとよいでしょう。家族や友人が助けてくれるかもしれません。健康保険に加入している場合は、保険会社に連絡して、どの医療提供者に保険金が支払われるかを確認してください。退役軍人は、どの VA 医療センターでも支援を受けることができます。

セラピストを見つけるのに役立つウェブサイトは数多くあります。(以下の「リソース」を参照してください)。トラウマの治療を専門とするセラピストを探すことを覚えておいてください。また、治療の選択肢をすべて把握し、十分な情報に基づいて選択できるよう説明してくれるセラピストを探すことも必要です。

リソース

オンライン:

米国退役軍人省の研究機関である国立PTSDセンターには、PTSDに関する情報が満載です(退役軍人だけのためのものではありません)。ホームページは www.ptsd.va.gov特に興味深いページは次のとおりです。

「PTSD治療を理解する」: 詳しくはこちら

治療に関するPDF小冊子: (英語)

「どこで助けを得るか」: ヘルプが必要な場合は、www.ptsd.va.gov/public/where-to-get-help.asp

マインドフルネスに関する情報: 翻訳: 翻訳依頼

セラピストを見つけるのに役立つウェブサイトのリストについては、「インターネットを使用してプロバイダーを見つける」をご覧ください。 翻訳: 翻訳依頼

国立衛生研究所の心的外傷後ストレス障害ファクトシート(http://report.nih.gov/NIHfactsheets/Pdfs/PostTraumaticStressDisorder(NIMH).pdf) は、新しい治療法に関する情報を得るための優れた情報源です。

洋書:

心的外傷後ストレス障害のソースブック、第2版、Glenn R. Schiraldi博士著、McGraw Hill、2011年。

身体はスコアを記録する:トラウマの治癒における脳、心、身体 ベッセル・ファン・デル・コルク著。ヴァイキング、2014年。

トム・グレイ
出典: 国立PTSDセンター、グレン・シラルディ博士、国立衛生研究所、チャールズ・ラルソン医学博士。Psych Congress、16年19月2017日~XNUMX日、ルイジアナ州ニューオーリンズ
Cynthia Scott, MD, Physician Advisor によるレビュー、 Beacon Health Options

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、医療、ヘルスケア、精神医学、心理学、または行動のヘルスケアアドバイスとして扱われるべきではありません。 に何も含まれていません Achieve Solutions このサイトは、医療診断または治療のために、または資格のある医療専門家との相談の代わりとして使用することを目的としています。 の操作に関する質問を直接お願いします Achieve Solutions サイトに Webフィードバック. 健康に不安のある方は、かかりつけの医療機関にご相談ください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。