災害および外傷対応者へのサポート

◇投稿日 28年2018月XNUMX日◇

閉じる

メール記事

記事を電子メールで送信するにはフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

複数の受信者はカンマで区切ります

閉じる

ニュースレターに登録する

ニュースレターに登録するには、このフォームに記入してください…

必須フィールドはアスタリスク (*) ラベルの隣にあります。

 

まとめ

  • あなたの経験について誰かに話してください。
  • 仕事と家庭生活を分ける練習をしましょう。
  • 身体の健康に気をつけてください。

ジムは公衆安全の仕事に従事していました。彼はよく、燃えている建物から人々を救出するチームの責任者を務めていました。ある時、彼は重度のやけどを負って意識不明の男性を目にしましたが、その男性は助けようがありません。その後、彼はチームや私生活の人々を過保護に扱うようになりました。彼は常に災難が起こるのを待ちました。彼は家族にシートベルトを着用することやマッチが消えていることを確認することを小言で言いました。彼の常に緊張した、過敏な状態は彼の人間関係に悪影響を及ぼしました。最終的に、彼の妻は彼を精神衛生の専門家に相談するよう説得しました。

ジムの経験は、救急隊員や他人の世話をする人にとってはよくあることです。災害やトラウマの被害者を助けることは、 「感情労働」 or 「共感疲労」。 これは、援助者が見た悪い出来事について緊張したり、気を取られたりする可能性があることを意味します。援助者もその悪影響を経験する可能性があります。

1. 自分が怒っていることを認める

多くの場合、救急隊員や介護者は、自分が困っていることを認めたくない。介護をするのが好きな人は、介護されることに必ずしも満足しているわけではない。しかし、早く始めれば始めるほど、解決や回復が容易になる。

こうした仕事では、動揺するのは普通のことです。それを弱さとして見るべきではありません。人は助けを求め、それを受け入れるべきです。絶対に必要になるまで待つべきではありません。
 
誰かに話すことは助けになります。多くの職場ではサポートグループを提供しています。友人、家族、またはメンタルヘルスの専門家に相談するのも良い選択肢です。

2. 私生活と仕事生活を分けましょう。

仕事をしていないときは、仕事のことを考えないようにしてください。災害やトラウマ的な出来事による不安を感じていないときでも、仕事と家庭生活の間に境界線を設ける必要があります。これには練習が必要です。

仕事から気をそらすような毎日の習慣や活動を​​持つことで、それは達成できます。運動は素晴らしいです。料理、音楽、アート、ダンス、その他の趣味やクラスなど、創造的な活動も効果的です。集中力を必要とする何かを探しましょう。映画を見ていると、気が散りやすくなります。料理をしたり何かを作ったりしているときは、集中力を維持する必要があります。

仕事に関連するものを見たり読んだりする時間には制限を設けてください。 追加の仕事や活動にボランティアとして参加する前に、よく考えてください。 仕事から離れる時間は、そうした責任から解放される時間でなければなりません。

3. セルフケアを実践する

不安が高まってきたと感じたら、ストレス管理を実践してみましょう。深呼吸を練習しましょう。穏やかで安全な場面を思い浮かべましょう。「大丈夫」などのフレーズを繰り返しましょう。

しっかり食べて、水分を補給し、睡眠時間を増やしましょう。身体が元気になれば、ネガティブな考えや恐怖に気づきやすくなります。

あなたのサービスを必要としている人がいるとき、自分の仕事に前向きな気持ちでいるのは難しいかもしれません。また、自分の手に負えないような出来事が起こることもあります。困難な時期に、あなたは変化をもたらし、助けているのだということを忘れないようにしましょう。

リソース

共感疲労啓発プロジェクト
www.compassionfatigue.org/

「共感疲労を克服する」ジョン・ヘンリー・フィファーリング博士、ケイ・ギリー修士、アメリカ家庭医学会 翻訳: 原文へ 翻訳: 原文へ

ジェニファー・ブリック
出典: 米国小児科学会、「災害や危機の後に子供と家族に心理社会的支援を提供する」小児科。http://pediatrics.aappublications.org/content/early/2015/09/08/peds.2015-2861; ジョン・ファーバー博士、臨床心理学者
キャロリン・ミーダー博士、LMFT、CEAP、ヘルス&パフォーマンスソリューション担当ディレクターによるレビュー Beacon Health Options

まとめ

  • あなたの経験について誰かに話してください。
  • 仕事と家庭生活を分ける練習をしましょう。
  • 身体の健康に気をつけてください。

ジムは公衆安全の仕事に従事していました。彼はよく、燃えている建物から人々を救出するチームの責任者を務めていました。ある時、彼は重度のやけどを負って意識不明の男性を目にしましたが、その男性は助けようがありません。その後、彼はチームや私生活の人々を過保護に扱うようになりました。彼は常に災難が起こるのを待ちました。彼は家族にシートベルトを着用することやマッチが消えていることを確認することを小言で言いました。彼の常に緊張した、過敏な状態は彼の人間関係に悪影響を及ぼしました。最終的に、彼の妻は彼を精神衛生の専門家に相談するよう説得しました。

ジムの経験は、救急隊員や他人の世話をする人にとってはよくあることです。災害やトラウマの被害者を助けることは、 「感情労働」 or 「共感疲労」。 これは、援助者が見た悪い出来事について緊張したり、気を取られたりする可能性があることを意味します。援助者もその悪影響を経験する可能性があります。

1. 自分が怒っていることを認める

多くの場合、救急隊員や介護者は、自分が困っていることを認めたくない。介護をするのが好きな人は、介護されることに必ずしも満足しているわけではない。しかし、早く始めれば始めるほど、解決や回復が容易になる。

こうした仕事では、動揺するのは普通のことです。それを弱さとして見るべきではありません。人は助けを求め、それを受け入れるべきです。絶対に必要になるまで待つべきではありません。
 
誰かに話すことは助けになります。多くの職場ではサポートグループを提供しています。友人、家族、またはメンタルヘルスの専門家に相談するのも良い選択肢です。

2. 私生活と仕事生活を分けましょう。

仕事をしていないときは、仕事のことを考えないようにしてください。災害やトラウマ的な出来事による不安を感じていないときでも、仕事と家庭生活の間に境界線を設ける必要があります。これには練習が必要です。

仕事から気をそらすような毎日の習慣や活動を​​持つことで、それは達成できます。運動は素晴らしいです。料理、音楽、アート、ダンス、その他の趣味やクラスなど、創造的な活動も効果的です。集中力を必要とする何かを探しましょう。映画を見ていると、気が散りやすくなります。料理をしたり何かを作ったりしているときは、集中力を維持する必要があります。

仕事に関連するものを見たり読んだりする時間には制限を設けてください。 追加の仕事や活動にボランティアとして参加する前に、よく考えてください。 仕事から離れる時間は、そうした責任から解放される時間でなければなりません。

3. セルフケアを実践する

不安が高まってきたと感じたら、ストレス管理を実践してみましょう。深呼吸を練習しましょう。穏やかで安全な場面を思い浮かべましょう。「大丈夫」などのフレーズを繰り返しましょう。

しっかり食べて、水分を補給し、睡眠時間を増やしましょう。身体が元気になれば、ネガティブな考えや恐怖に気づきやすくなります。

あなたのサービスを必要としている人がいるとき、自分の仕事に前向きな気持ちでいるのは難しいかもしれません。また、自分の手に負えないような出来事が起こることもあります。困難な時期に、あなたは変化をもたらし、助けているのだということを忘れないようにしましょう。

リソース

共感疲労啓発プロジェクト
www.compassionfatigue.org/

「共感疲労を克服する」ジョン・ヘンリー・フィファーリング博士、ケイ・ギリー修士、アメリカ家庭医学会 翻訳: 原文へ 翻訳: 原文へ

ジェニファー・ブリック
出典: 米国小児科学会、「災害や危機の後に子供と家族に心理社会的支援を提供する」小児科。http://pediatrics.aappublications.org/content/early/2015/09/08/peds.2015-2861; ジョン・ファーバー博士、臨床心理学者
キャロリン・ミーダー博士、LMFT、CEAP、ヘルス&パフォーマンスソリューション担当ディレクターによるレビュー Beacon Health Options

まとめ

  • あなたの経験について誰かに話してください。
  • 仕事と家庭生活を分ける練習をしましょう。
  • 身体の健康に気をつけてください。

ジムは公衆安全の仕事に従事していました。彼はよく、燃えている建物から人々を救出するチームの責任者を務めていました。ある時、彼は重度のやけどを負って意識不明の男性を目にしましたが、その男性は助けようがありません。その後、彼はチームや私生活の人々を過保護に扱うようになりました。彼は常に災難が起こるのを待ちました。彼は家族にシートベルトを着用することやマッチが消えていることを確認することを小言で言いました。彼の常に緊張した、過敏な状態は彼の人間関係に悪影響を及ぼしました。最終的に、彼の妻は彼を精神衛生の専門家に相談するよう説得しました。

ジムの経験は、救急隊員や他人の世話をする人にとってはよくあることです。災害やトラウマの被害者を助けることは、 「感情労働」 or 「共感疲労」。 これは、援助者が見た悪い出来事について緊張したり、気を取られたりする可能性があることを意味します。援助者もその悪影響を経験する可能性があります。

1. 自分が怒っていることを認める

多くの場合、救急隊員や介護者は、自分が困っていることを認めたくない。介護をするのが好きな人は、介護されることに必ずしも満足しているわけではない。しかし、早く始めれば始めるほど、解決や回復が容易になる。

こうした仕事では、動揺するのは普通のことです。それを弱さとして見るべきではありません。人は助けを求め、それを受け入れるべきです。絶対に必要になるまで待つべきではありません。
 
誰かに話すことは助けになります。多くの職場ではサポートグループを提供しています。友人、家族、またはメンタルヘルスの専門家に相談するのも良い選択肢です。

2. 私生活と仕事生活を分けましょう。

仕事をしていないときは、仕事のことを考えないようにしてください。災害やトラウマ的な出来事による不安を感じていないときでも、仕事と家庭生活の間に境界線を設ける必要があります。これには練習が必要です。

仕事から気をそらすような毎日の習慣や活動を​​持つことで、それは達成できます。運動は素晴らしいです。料理、音楽、アート、ダンス、その他の趣味やクラスなど、創造的な活動も効果的です。集中力を必要とする何かを探しましょう。映画を見ていると、気が散りやすくなります。料理をしたり何かを作ったりしているときは、集中力を維持する必要があります。

仕事に関連するものを見たり読んだりする時間には制限を設けてください。 追加の仕事や活動にボランティアとして参加する前に、よく考えてください。 仕事から離れる時間は、そうした責任から解放される時間でなければなりません。

3. セルフケアを実践する

不安が高まってきたと感じたら、ストレス管理を実践してみましょう。深呼吸を練習しましょう。穏やかで安全な場面を思い浮かべましょう。「大丈夫」などのフレーズを繰り返しましょう。

しっかり食べて、水分を補給し、睡眠時間を増やしましょう。身体が元気になれば、ネガティブな考えや恐怖に気づきやすくなります。

あなたのサービスを必要としている人がいるとき、自分の仕事に前向きな気持ちでいるのは難しいかもしれません。また、自分の手に負えないような出来事が起こることもあります。困難な時期に、あなたは変化をもたらし、助けているのだということを忘れないようにしましょう。

リソース

共感疲労啓発プロジェクト
www.compassionfatigue.org/

「共感疲労を克服する」ジョン・ヘンリー・フィファーリング博士、ケイ・ギリー修士、アメリカ家庭医学会 翻訳: 原文へ 翻訳: 原文へ

ジェニファー・ブリック
出典: 米国小児科学会、「災害や危機の後に子供と家族に心理社会的支援を提供する」小児科。http://pediatrics.aappublications.org/content/early/2015/09/08/peds.2015-2861; ジョン・ファーバー博士、臨床心理学者
キャロリン・ミーダー博士、LMFT、CEAP、ヘルス&パフォーマンスソリューション担当ディレクターによるレビュー Beacon Health Options

で提供される情報 Achieve Solutions 記事、評価、およびその他の一般情報を含むがこれらに限定されないサイトは、情報提供のみを目的としており、医療、ヘルスケア、精神医学、心理学、または行動のヘルスケアアドバイスとして扱われるべきではありません。 に何も含まれていません Achieve Solutions このサイトは、医療診断または治療のために、または資格のある医療専門家との相談の代わりとして使用することを目的としています。 の操作に関する質問を直接お願いします Achieve Solutions サイトに Webフィードバック. 健康に不安のある方は、かかりつけの医療機関にご相談ください。 ©ケアロン行動健康

 

閉じる

  • 便利なツール

    以下のツールを選択してください

©2024Beacon Health Options、Inc。